ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

引越しです

ブログの引越しを決心しました。新しいブログはこちらです。引越し先でもよろしくお願いします。

http://blog.goo.ne.jp/canadadenurse

借り出される

英語が少ししか話せない患者さんなの、プライマリーになってくれない?とまた頼まれた。英語が話せなければ通訳を頼むが、いつもいつもというわけにはならない。今二人ほど先述の理由で担当地区が違ってもプライマリーになっている日本語を第一言語にしている患者さんがいる。

30年以上ここへ住んでいていてもやはり母国語が良いよ、と日本語で話しかけると喜ばれる。二ヶ国語話せるってこういう時に重宝するもので。私自身も懐かしい言葉と文化に触れてほっとする。

先日はソーシャルワーカーと共同訪問だった。患者さんの希望で私が付き添うことに。なので通訳を依頼する必要はないと言うと、ソーシャルワーカーに”本当に大丈夫?”と何度も念を押された。自分は通訳が本業でないから難しいのはわかっている。しかし3人で押しかけるのもなんだか気が引けた。ショーシャルワーカーの彼女とは長い付き合いで、彼女がこの訪問でどんなことを話すか知っているし、きっと大丈夫と望んだ。

ソーシャルワーカーはいつもののりでよく話す(心地よいほど話し上手な彼女)。何度か長すぎて最初に何を言っていたか忘れるほど。特に患者サイドがうなずくので、彼女はわかっているものだと話を進める。しかし現実は違う。わかっていないのに首を振るのは日本人の悪い癖だ。何度か、彼女のしゃべりを止めて通訳をした。無事終了。両サイドとも納得のいく訪問だったようで、ほっとした。

私が通訳を呼ぶ時もある。同じ言語でも違う通訳が来ると、同じことを言っても話す量が違うので、結構興味深い。きっと通訳さんの技量にもよるのだろう。

ソーシャルワーカーとの共同訪問に戻って、改めて思ったのは文化の違いの大きさだ。私にとっては日本人女性の普通の反応と思うことも、ソーシャルワーカーの目からは違うようにとられる。外に出てから日本文化の説明をしても、でも今こういう方向に進めとかないと後で困るのは残された家族でしょう、と。いや、家族も日本人だから北米人と同様には思わないと、私は思うけど、と伝えてみても真からの理解は得られなかったような気がした。その人それぞれの文化背景が人を解釈するのにとても重要な役割を果たしていることを改めて思わされた。こういうことからもこちらに住んでいる日本人の方の力になれたら、と思わずにはいられなかった。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

パニック

昨日訪問中にオフィスから電話が入った。停電で電話も機能していないので、携帯電話だけを使うようにと。オフィスは18階建てのビルディングの15階にある。エレベーターは動いているが、非常灯のみで中は暗い。何でも急にビルディング全体の電力がなくなり非常用の自家発電も一機しか稼動していないとか。他のテナントはすでに退避していて、ビルの中はとても静か。はじめは数時間で回復予定と電力の回復を待っていた。なにせコンピューターがなければまったく仕事ができないのでオフィスに戻ってからは電力の回復を待っていた。

しかし原因がまったくわからず電力は4連休明けになると。えーとあわてて手書きの記録に切り替える。しかし過去の記録がすべてコンピューターの中。今日観察したことを比べようにも比べられない、、、、。コンピューターに頼りきるとこういうことになるのね~。オフィスが使えなくても患者が待っている。隣の訪問のオフィスへこの4連休の間だけ引越しすることになった。

緊急会議でどうやってこの非常事態を切り抜けるか伝えられた。引越しといっても患者のカルテやら医療用材など4日分だ。幸いにも隣の訪問のオフィスには使っていないコンピューターとカメラなどがあるのでそれは使うことができるのでカメラなどハードな資材は運ばなくてよい。しかしこの4連休中に大規模なお祭りがそのオフィスの近辺で行われることになっていて、交通渋滞は避けられない。普段ならEカーデックスというコンピューターが吐き出す受け持ち表を使うけれど、それも使えない。オフィスナースといわれる看護師が頭を使って翌日の受け持ちを作り出している。Eカーデックスに取り込まれる情報はすべて電話で行われる。それが使えず携帯電話で行っている。普通の電話と違ってメモリーの量もぜんぜん違い、間違いが出るのではないかと不安がでる。OOOになったらどうしたらいいの?という質問が飛び交う。半ばパニック状態のスタッフ。慣れた自分のデスクを離れることに不安が付きまとうのは当然だ。しかし、私は心の中で”こんなことでパニックしていたら、日本で起こったような地震にあったらこの人たちどうするんだろうな~なんて考えていた。と客観的な意見。というのも私は5連休。12年目の記念旅行でオレゴンコーストへ3泊4日で出かけるのだ。だから心の中は人事状態と言えば感じが悪いか。

できるだけ早くビルディングから離れてください、と各スタッフが両手に抱えれるだけのものを持ち足早にビルディングを離れた。4日間サバイバルしようね~と手を振って。



にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

いろんなところで、いろんな形で

震災から一ヶ月以上たってもいろんなところで、いろんな形で復興支援目的のイベントや募金集めがされている。

      
まずはこれ、、、素晴らしすぎる。尊敬です。ここをクリックするとサイトに飛びます。

以下メールの抜粋です。
ー震災後間もなく、子ども達(泰と晟)が知らぬ間にここの赤十字とメールでやりとりをし、自分たちで募金のサイト(カード払いで直接赤十字に送られるもの)を立ち上げました。
どうやらカナダのTerry Foxからヒントを得て、東京ー仙台間の距離となる合計303kmをそれぞれ走ることで(場所は問わず)募金を集められないかというものでした。(類似したもっと大規模なサイトも見つけましたが…。)
当初は子どもの顔と名前を公にすることへのためらいや、中途半端になってしまいはしないかという不安がありましたが、やはり親としては二人の思いに賛同し、微力ながらも協力できたらと、こうしてメールをさせて頂きました。ー

子供たちで親を経由せずに赤十字に掛け合ったその機動力に感心させられました。

       
こちらは学校あげての活動。ローカルな情報ですが、、、。

Topham Elementary Schoolにて
4月15日 (金) 3:00〜4:00
バザー。ラムネ、生徒のお母様方が作られたもち等、数々の日本製品の販売。

5月5日 (木) 5:00〜7:00
子供の日のお祭り。太鼓グループの演奏、もちつき、相撲ゲーム等。
こちらも上記の様なバザーもあります。

お時間の取れる方は是非覗いてみてください。

場所は21555 91st Ave Langley
Tel: 604-888-6111

ここは日本語を授業に取り組んでいる学校。がんばれー

       
それからがんばるTシャツ企画の方は初版のTシャツが刷り上り、

バンクーバージャパニーズガーデナーズ協会(VJGA)主催の第35回植木市にて、頑張る日本Tシャツを販売することが決定しました!(VJGAの皆様、ご協力有難うございます。)実際にTシャツをみて購入できる良い機会です。少しでも多くの義援金が送れるよう、皆様のご協力をお願い致します。

植木市の詳細:
4/17(日) 10:00am ~ 2:30pm (雨天決行)
4291 Slocan St,(&27 ave)

ここへは私もお手伝いに行きます。

今でも続く余震、電力不足、原発問題など、心が痛みます。本当にお金が必要な人たちへお金が届きますように

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

看護倫理と政治

あーようやく終わった看護倫理と政治。長かったし思ったよりずっと重たいコースでした。半泣き状態で書いた最後の論文。終わってみれば結構良いとこついているじゃないの、と自分の論文にほれ込む(いつものことですが、そりゃ何か月もかけて書いていれば恋に落ちるというもので)結果はどうであれ、大変な満足感に浸っている今日。書いた内容はDevalued Population : Palliative care Patients。緩和ケア患者がシステムの中で差別(と言うとちょっとニュアンスが違いますが)されているかということ。積極的な治療(緩和化学療法や放射線療法)やDNRの説明と承諾のプロセスに医師の高い権威が患者の自己決定の意思より重要視されている側面、法制度の中で緩和ケア患者に不利な政策についてなど、高齢化する社会の中での緩和ケアのあり方などをまとめてみました。すべて仕事を通して経験したことから疑問がおきて追求していくうちに、政治や方針が深く関わっていることがわかり、医療が政治と強くつながっていることを改めて知りました。

で、最近受け入れた2例の患者さん。どちらも最近末期のがんだと判明した方でした。両人とも緩和化学療法待ちの方で、症状緩和目的の治療なのに、がんが治癒すると強く願っている。そんな中で訪問の緩和プログラムの登録とケアの開始と。両方とも難しいケースだった。なにせ症状が出てから診断までの期間が短く現実(末期のがんだと)を消化していくだけでも時間のかかる過程。それをサポートしながら迫ってくる最期に備えて準備を始める。信頼関係を築きあげながら。十分な時間を使って患者や家族の気持ちや現在の理解を、計画に組み込んでいく。反応をみながら消化できそうな情報をシェアしていく。時間も労力もかかる。こういう難しい会話でもしっかりと向き合える知識と経験が必要だ。政策やシステムの中で揺れ動く患者と家族の気持ちが伝わり心が痛む。これから続く長い旅の始まりを感じながら。

難しいけれどやりがいがある。やっぱりどこにいても緩和は良いな~、とホスピスを出て訪問看護を始めたことを心から喜んでいる。 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ