ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

最近のはまっているもの

ヨガ。定期的にカイロプラクターに行かなければならないほど、首、肩や腰が痛む私。仕事と学校が忙しくて運動不足になり気味だし、せめてストレッチぐらいとはじめたヨガ。教室に通うのも難しくてDVDでやり始めました。良いDVDにめぐり合い、細かく説明してくれるので以前使っていたソフトウェアのものより一つ一つのポーズの意味が良くわかる。そしてヨガはストレッチではなくて筋肉トレーニングだということを知った。深い筋肉が強くなるし、筋肉がいるべきところへ戻ってくれる感覚がある。おかげでカイロへ行かなくて良くなった。姿勢も良くなった。20分集中してするだけで、気分もすっきりする。時間のあるときにDVDをみながらできるというのは忙しい私にぴったり。

訪問看護のオフィスは15階にある。最近はエレベーターを使わず階段を使って上り下り。はじめは息が切れて6階でばてそうだったけれど、今はちゃんとあがれるようになった。

春のスキー旅行まであと少し。これで体の準備ができますように。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

がんばりすぎ

缶詰していても結局ペーパーは期限どうりに書けず、延長願いへ。睡眠時間もそこそこで仕事へ行き、超忙しい仕事をこなし、、、結局体調を崩してしまった。これほど体がしんどいとメッセージを送ってきたのは本当に久しぶり。寝ても寝ても疲れが取れず週末になってようやく少し回復していきたように思える。年なんだから、、、若い時みたいに無理がきかないと思い知らされました。

で、何をそんなに熱気になって書いていたかと言うと、緩和ケア患者さんのヘルスケアへのアクセスについて書いていました。コンサルテーションの仕事を通して疑問がふつふつと沸き、調べていくうちに興味深いことにたどり着きました。ペーパーを書いている間に気づいたのだが政治ととても強いつながりがあるのだ、と。どうしてうちのHAが国全体の平均より、州の平均より、在宅とホスピスで亡くなる方が多く病院で亡くなる方の比率がだぜん低い理由もよくわかった。改めてシステムの基盤を作ったディレクターの才覚に感心させられた(同じ学部大学院の出身者。昨年は国レベルで表彰された方)。

がんや予後不良と診断され、最後をどうやって、どこで過ごしたいか、真の選択ができるためにはそれなりのシステムが整っていなければならない。そしてそのシステムは予算や政治、社会にも沿ったものでなければ成功にはつながらない。ここには詳しく書かないが大きなパズルの謎解きができたようで楽しんでしまった。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

缶詰

いつもながら、締め切りの前はいつもこれだ。オンラインだからと、仕事をフルタイム並みに入れたのが大きな間違い。特にこの2週間超忙しく、仕事でどっぶりと疲れ2時間集中できれば良いと思う程度しか勉強がはかどらない。その上先週末はカンファレンスで6日働いて一日休みなんて日本で働いていたときのようなハードスケジュール。疲れが蓄積して泣きそうでした。それでも週始めの一部目の締め切りに間に合い、ほっとする間もなく2部目をがんばっています(月曜日の夕方が締め切り)。集中力が途切れたので、気分転換に久しぶりにブログをと、書いています。

この2週間どんな仕事をしていたかと言うと、もちろん訪問看護をしていたが、その上コンサルテーションの休暇をカバーしてほしいと、頼まれ二つ返事で引き受けてしまったのが誤りだった。フルタイムの仕事。でも訪問のシフトが入っているので週に2-3日しかできないけれど良いかとマネージャーに聞いたら、それだけでも来てくれたら助かると言われた。しかし私が週に2-3日来るからと言って誰かが穴を埋めてくれるわけではない。だから5日分の仕事を2-3日で終えなければならないのだ。超過勤務は許されないので、時間きっちりに帰る私が毎日超勤。だってこなさないと患者さんがホスピスに行けなかったり、症状緩和ができなくてつらいなんてのをほっとけないからだ。そしていつもは緩和医師と仕事をほぼ二分するのに、緩和医師が急な理由で3週間休みを取ることになり私一人ですべてすることに、、、、。新患の紹介は一日2件以上はしない私が3件たまには4件も回って、こりゃ時間どおりに終わらないわけだ。その上今週はコンプレックスなケースが多くて、頭が爆発するかと思った。金曜日は新患が一人もなくフォローする患者もその日はなくて、今まで超勤した分を取り戻そうと、それはそれはゆっくりとした日をすごし足早に帰宅しました。夜はお友達の誕生日会で洒落たバーでひたすら食べて飲んで笑ってと楽しい夜をすごしました。今朝は寝ても寝たりないというほど、起きれなくてヨガをして目が覚めて現実帰り。朝からずっと机に向かっています。明日も一日缶詰でしょう。あー肩が痛い。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

こそこそ続き

娘は隠し事が嫌いで何でもオープンで話したいという子だ。避妊薬のことも父親に話したいけど、どう思う?と相談されました。旦那がどう反応するかと思って最初は言わなくていいといっていましたが、結局話す羽目に。旦那は男同士でBrodyの面倒はみるからAJは私に任せると。旦那も私も避妊薬を私たちが出費しないことや外泊を禁止したことは子供にとって良いことなのか悩みました。周りの人にもアドバイスを求めました。

旦那が高校生の時、同級生の親が“悪いことをしてもらいたくないから”と通信販売カタログの下着と水着の部門をホッチキスで止めて見れないようにしていたそうだ。しかし彼は17歳の時彼女を妊娠させてしまい、責任をとり結婚、働くために中退、ということになったらしい。私も旦那も隠すことは防止につながらない、と性教育にはオープンな姿勢をとっていた。

宗教のため中絶を絶対勧めない人も多いので妊娠したら出産以外には選択がないという風潮が強い。そのためか宗教によっては処女が重要視され、結婚するまでは性交はもたない、と。そんな理由から早くに結婚するカップルも多い(娘の彼が宗教にこだわっている家庭で育ったらこういう問題は起こらないのに)。

旦那の友達は私たちに言った。避妊薬を購入することが親の義務かどうかはわからないけれど、彼女の弟は18歳で彼女を妊娠させ、今も代償を払っているから、そういう弟をみると避妊薬は買うべきって思うよね、と言った。カナダは子供が関連する離婚になると養育費の支払いがきちんと行わなければならない(裁判所に言われた額を支払っていなければ政府が直接給料から差し引くこともできる)。子供が大人になるまで責任から逃れることはできない。

人権、特に女性の権利も強い影響を与えている。コンドームは男側の防止策だ。もし男側が拒否すると女性側は望まない妊娠をしてしまい、被害者となる。女性が自主的に妊娠を防止できるという意味でも避妊薬は重要視されるのだ。

しかし、私はどうしても薬は病気の人が飲むもの、という考えが浮かんでしまう。アクティブに性生活を楽しんでいるのなら、わからない気もしないけれど、一週間に一度会うだけの生活なのに副作用の危険を選ぶなんて、、、私にはわからない。

お泊りのことも、相手の親が許しているなら、、、それにならって、とついつい許してしまう親が多いことも思った。よそはよそ。うちはうち、と言う考えが強いのでそれはなんとか押し切ったけれど。知り合いの中には15歳の息子にお酒を買う親がいる。15歳にしてアル中の症状を示している。親が買わなければ子供が自分で購入してトラブルになるからと。問題が起こる前にどうにかしたい、という考えの人もいるのだとも思った。しかし、これはどうも応急処置的にしか思えない。これが一番簡単な方法、みたいな。お金を上げる。買い与える。でも子供と向き合うというのが見当たらない。私としては子供たちと向き合って、健全な大人を育てること、それが大事なことだと思う。親が背を向けてどうするのだと。誰かが言った、いつか子供が感謝する日がくると。その日を信じて。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

急げ急げ

昨夜偶然見つけたのですが、バレンタインスペシャルでシルクデソレイルのチケットが半額で手に入ります。16日までの購入だから、興味のある方は急いで!

ちなみに我が家は6月のDralionを家族で、3月のQuidamをデートで行くように購入しました。KoozaのDVDを何度も何度もみている絵里佳は大喜びです。

他にもあちこちでの講演のチケットが販売されているよ!
ここからメンバーでログインするとリストが出てきます。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ