ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

記憶力

あ~今期の大学院でのコース、、、。難しいったらありゃしない。倫理だけならともなく医療制度を政治の視点から切るって、それも論理の部分なんて何度読んでも理解に難解したのだ。少し具体的になってきたのでわかりやすくはなってきたけれど、リーディングの重さと多さに閉口気味だった今月。

次第に机の周りには開けてもいない手紙が山積みになり、整理整頓したはずの机も空いているスペースを探すのが難しくなってきた。いろいろなことが後回しになって、1月からはじめた仕事の書類手続きも完成していない。やらなければならないことに追い立てられるのは神経的にかなり悪い。

今日は仕事のコンピューターラボで新しいプログラムのセミナー。昼休憩中には毎年義務のマスクフィティングテストへ行き、そのついでに予防注射もさせられ、休憩は終わり。あわててクラスに戻って昼ごはんを急いでかけこみ昼の部門へと。セミナー中に時間があればメールの返信をしたり、大学のオンラインディスカッションを横目で読みながらと、モルティタスクの一日だった。こういうことを続けると集中力がなくなり(そりゃあひとつのことに集中せず二つ三つと同時にこなしているので、ひとつのことには集中していないよね)、記憶力が低下するとか。

で、父と電話で話していて今夜気づきました。母の誕生日をすっかり忘れていたことを。初めてだ。月初めには何を送ろうかな~まだまだ時間があるし、と思っていた。母は外出中で、私の落ち込みようと言ったら、、、、。絵里佳にまで、ほらママ私のカレンダーにはしっかり書いてあったのに。ママは忘れっぽいからちゃんと私のカレンダー見てね、と言われてしまった。手帳にカレンダー、携帯とあちこちに入れていても忘れてしまう。買い物リストを作っても、持って行くのを忘れてしまう、なんてざらだ。旦那にスローダウンしなくちゃ、と肩をたたかれた。働きながら学校へ行く母親業は、、、、身が削れます。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

二つの楽しみ

一つ目は今週の金曜日に佐渡島の”鼓童”を観にいくこと。今回は子供たちも行きたいというので家族全員での鑑賞。子供は全員ドレスアップのため鏡の前でにらめっこしている。私は何を着ていこう。やっぱり着物かしらね。

二つ目は来月バンクーバーで開かれるホスピス緩和ケアのカンファレンス。北米のカンファレンスなので大規模だ。仕事がすでに入っていたので、最終日しか行けないがしっかり吸収したいと思う。日本から直行便でふらっといかがでしょうか?詳しいことはこちらで。来られる方がいらしたら、声をかけてくださいね。リンクしたページをスクロールダウンすると、最新のバンクーバー観光局のビデオが見れます。四季を通して美しいバンクーバー惚れ惚れ。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

オリエンテーション3週目

あっという間に3週目。今日から一人で運転して訪問を始める。質問があればメンターに電話をして聞くということになっている。初めてだからと、今日与えられた患者数は二人。ゆっくりしておいで~と言われて、時間をしっかりとったつもりでも、昼過ぎには記録も何もかも終わってしまった。残りの時間はEメールの整理をしたり、持参した宿題をして時間をつぶす。オリエンテーション開始以来、しっかり宿題をさせてもらっています。仕事場ですればするほど、家でする量が減るので、大助かり。オリエンテーションが済んでからもこういう余裕があったらうれしいな、とちょっぴり期待。

初日をなんとかしのぎ、一安心。明日はしっかり休憩を取るようにとまで言われた。図書館にでも寄ってくればいいのにとまで。今は落ち着いているシーズンで患者数も少ないとか。しばらく甘えさせてもらいます。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

出場決定

甥っ子が3月下旬に開催されるブレーメン国際柔道大会のU17に出場することが決まりました。夏の大会で3位になった彼。本来は一位の選手が出場するけれど、一位の選手は体重増加にともなり階級があがり、二位だった選手は怪我で手術となり、出場権が回ってきたようだ。甥っ子は10月から全日本ジュニアの強化選手にも選ばれて毎月東京での強化合宿に参加していた。まだ中学生というのに合宿で高校生をバンバン投げていて監督の目にとまったとか。

夢に向かってがんばっている姿っていいですね。叔母さん家族は遠くから応援してますよ~。初の世界大会楽しんでね!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

在宅点滴療法

も主な訪問の仕事です。と言っても薬の投与は患者や家族の役割で、ドレッシングチェンジやトラブルシューティング、そして患者教育が私たちの主な仕事。蜂か織炎とかじょくそうの抗生剤の治療はとても長期にわたるもの。そのためだけで病院に入院させるより、自己管理を在宅でさせる、という方針で。PICCとかMidlineで退院となる。薬剤は薬剤会社が点滴に必要な物品(点滴架台やチュービング、フラッシュに使う生食入り注射器などなど)と共に宅配へ送ってくれる。自分で自分の点滴療法の管理をする、、、て簡単じゃないものだ。

先日訪ねたのは78歳のおじいちゃん。糖尿病から静脈炎を頻回に起こすようになり、結局片足を切断。がんばってリハビリをして義足で車まで運転できるようになったのに、健足が今度は蜂か織炎へ。在宅点滴療法の対象となった方。退院以来、毎日のように訪れて患者教育をしてきた。7日目だった。3日ごとにすべてのチューブを交換しなければならない。その教育だったが、なんとも痛々しいものだった。チェックリストを読みながら、ひとつひとつ行っていくけれど、緊張や不安がひしひしと伝わってくる。焦ってラインをひっぱてみたり、PPD(キャップ)を取ろうとしたり(そんなことしたら血がドバーっと出てきます)。それは絶対とらないですよね、と看護師に言われると、”そうだ!もちろんそうだよ!”と恥ずかしさを隠しながらも平然な顔を見せていることがうかがえる。妻は盲目で手伝うことができないから、自分がしっかりしなくては、とやる気は満々なのだけれど、大丈夫なのだろうか、、、と私まで不安になる。

抗生剤の投与は一日一回、30分ぐらいで終了する。しかし薬を混ぜたり、清潔を保ちながらフラッシュを前後にして、と学ぶことは多い。せめてフラッシュだけでも自分でできるようにしなければならない。彼は前回3ヶ月間外来に点滴のために通った。車が運転できない今(健足に体重をかけてはいけない)、毎日の外来通いより、在宅で、、、との思いだ。

患者の自己管理ができればできるほど、看護師の役割は小さくなる。このケースを見学しながら、リスクとの関係をどう判断するのだろう、と思った。どうしても習得できなければ、訪問が毎日投薬のために訪れなければならない。そういうケースも多いそうだ(高齢化で仕方がないでしょう)。それでも入院するより費用は安くつくとか。医療費削減、こういうところにも現れているのね。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ