ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

家族

出場決定

甥っ子が3月下旬に開催されるブレーメン国際柔道大会のU17に出場することが決まりました。夏の大会で3位になった彼。本来は一位の選手が出場するけれど、一位の選手は体重増加にともなり階級があがり、二位だった選手は怪我で手術となり、出場権が回ってきたようだ。甥っ子は10月から全日本ジュニアの強化選手にも選ばれて毎月東京での強化合宿に参加していた。まだ中学生というのに合宿で高校生をバンバン投げていて監督の目にとまったとか。

夢に向かってがんばっている姿っていいですね。叔母さん家族は遠くから応援してますよ~。初の世界大会楽しんでね!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

お帰りお嬢様

AJが帰ってきました。実母と住むと決心して出て行ったのは1年半前のこと。あの時にはスーツケース一個と数箱で出て行ったのに、トラック2台分の荷物でのお帰りだった。物を買い与えることで愛を表現する(もしくは代償とする)実母だけあって、半端ではなかった。これでもたくさん捨てたのよ、とAJ。

このところ母娘の関係で悩んでいた(というより泣いていた)彼女。母親と娘の関係が逆転してもう我慢できない、という理由からだ。実母の離婚は初めてではない。しかしAJが大きくなったからか(その前の離婚でAJは11歳だった)、実母の母親としてのガードが下がって、まるでティーンに戻った実母。家には帰ってこないし(5日から一週間も帰ってこない)、冷蔵庫も空っぽ。歯磨き粉さえない家(AJが我が家へくるたびに必要物品を調達していた)。新しくできた彼の家に入りびたりで、売りに出している家の世話もAJにまかせっきり。たまに家へ帰ってくれば喧嘩ばかりで、彼女は泣いていた。それでも、母親を一人にはできない、とか悲しませたくない、と我慢をしていた彼女。旦那も私も何度も相談に乗っていた。

かわいそうだが、こういう実母の態度は初めてではない。恋愛関係が不安定で、新しい関係になると、なにもかも投げ出すタイプ。そういう両親に育てられて、同じことはしたくないと言いながら、まさにそれをしている実母。Brodyはとっくの昔にそれを見抜いて私たちと暮らしだした彼。最近成長したせいかはっきり自分の気持ちを言うようになった。”あの人はおかしいよ。はたで見ていてこっちが恥ずかしくなるよ”とまで言わせた。完全に母親と自分を断ち切った位置づけを示す彼。

AJとBrodyが小さいときから、一緒にいても片手に携帯を握って他の人と話しながら、愛してる、とうわべだけの言葉とキスを子供たちに与えることしかできなかった実母。いつかこんな日が来るとは思っていたけれど、、、母親の愛を探し続けた二人。我が家へ戻ってきてもAJはいまだに探し続けているようだ。旦那と付き合いだして、AJとBrodyを紹介された時なんてふびんな子供たちなんだ、というのが第一印象だった。母親を一人にしたと責任を感じている彼女の姿があの日に重なる。いったいどっちが大人なんだ。子供としてもっとすくすく育って欲しい、ティーンとして青春(もうこんな風には言わないかな?)を謳歌して欲しいと思う。

で、ほぼ一人暮らしの生活から”家族”と暮らすことには時間がかかるようで、、、、お互いに調整しながら暮らしていかなければならない、と思うが、今朝は大音響の音楽で家中が起こされた。当の本人は鼻歌交じりに朝シャワーのつもりだったらしいが、他の家族のスケジュールも考えて欲しい、、、。一人暮らしの影響は良い方にも、、、呼ばなくても夕食作りを手伝ってくれたり、暖かい食事をそれはそれは喜んで食べてくれたりと。来月で17歳になる彼女。3ヶ月間付き合っている彼もいる。我が家へ来る時はどうしたら良いのか、、、。話し合わなくては。新しい生活が始まった。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

大改修

本当はクリスマスの前にサンフランシスコにでも小旅行へ行こうか、なんて飛行機を予約しようとした時、発覚してしまった。屋根からの水漏れ、、、、。それも3箇所から。そんなことで旅行費用は屋根の修理代に大変身。我が家は築12年になります。築7年の家を買い取り、5年がたちました。購入の際高いお金を払って査察をしてもらったというのに、後から、後から不都合なことが出てくる。水漏れもそのひとつ。きちんと刃物で切らずに足で蹴飛ばして穴を開けた跡が、、、、パイプがきちんと穴にあっていないためそこから水漏れが、、、

AJが我が家へ帰ってくる宣言をしそうだったので(そして今は宣言されたので彼女は確実に我が家へ戻ってくる)、子供たちが友達とわいわいできるように遊び部屋を屋根裏に作ろうか、という話になっていた。屋根裏といってもとても広く高さもあって、物置に使うにはもったいないスペースだった。しかし部屋として使うにははしごを階段に変えなければならないし、天窓もつけなければならない。トイレを設置するかしないかなど、購入以来ずっと案を練っていた。もちろん費用もたくさんかかる。そんなこんなでのびのびになっていた。AJが帰ってくれば家族5人。それぞれの寝室はあっても大きな子供が二人もいるとなんだか窮屈。それにBrodyのテレビとゲーム好きでリビングルームは占拠されオフィスが隣にあるので私はうるさくて勉強に集中できない。どこかへ行ってほしいといっても行く場所がない。子供たちのお泊りパーティーや客人のための寝泊りできるスペースも欲しい、とも思っていた。で、えーいこの際やってしまえ!と屋根裏部屋をプレイルーム兼客室にする決心を水漏れの発見を機にした。

そしてプロジェクトの拡大は続く。我が家は南北に細長い家で2階の南側の主寝室以外は窓があっても光が入らず暗いのだ。特に冬はそれが鬱陶しくて2階の廊下に天窓をつけて明るくしたいとも思っていた。屋根裏部屋に天窓をつけて屋根を修理してもらうなら、廊下用の天窓もつけてもらいましょう、と結局天窓を合計5つ入れてもらった。そして廊下の天井を開けて直接天窓から光が廊下に続くようにということになり、、、、。絵里佳の部屋が暗いので室内窓を設置して部屋が明るくなるように、、、と大改装になるようだ。

早速始まった工事。屋根関係は屋根屋さんに任せ(我が家の屋根は地上から10mで角度が45度ととても危険)たけれど、後はハンディな旦那様のお仕事。そして最近はBrodyという子分もできて二人のプロジェクト。プロジェクト第一弾はインソレーション(熱遮断材)から。既存のインソレーションを取り除きスプレータイプのインソレーションをする。とても高い代物なので100%はつけず、5cmほど入れて、既存のインソレーションを戻す。こうするとインソレーションに封ができて効果があがるとか。我が家はとても寒いのです。北国だからインソレーションが大切なのに、分厚くしても効果が上がらなかったのは封がきちんとしていないからと言われ、この際やってしまおうと、、、、これだけでも大事業でした。まる3日かけて彼らはやっていたから。完成するのはいったいいつなのだろうか、、、楽しみだ。

IMG_0540

これが屋根裏

IMG_0542

ピンクと黄色いものがインソレーション。このしたが私たちの寝室。三角屋根型の天井になっているのだ。穴は2階の廊下からはしごで上がれる入り口。

IMG_0576

ピンクのインソレーションを取り除いたところ

IMG_0577
この二つのタンクの中身が混ざってスプレーから出てきてインソレーションになる。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

猫にも愛情

ハンドルネームで使っているMissyというのは我が家の猫の名前。6年前に避難所から我が家にやってきたMissyは11歳のメス猫。完全な家猫で外へ出たことはない。避難所から引き取ったときにも、外へは出さないと契約書まで書いた。それから、Missyは他の動物との特に猫との折り合いが悪く(情緒不安定になる)、他のペットを飼わないことも約束させられたほどのお嬢様なのだ。

私たちが旅行へ出かけるときは旦那のお姉さんがトイレの始末やら餌を与えに来てくれる。寂しがり屋のMissyを知っているお姉さんは遊ぶ時間まで割いてくれるのだ。で、夏に日本へ行った以来、調子の悪いMissyちゃん。ボケが始まったようで自分の尻尾を追い掛け回したり、うんちをぽてぽてと落としたりしだした。だんだんひどくなり今度はおしっこも家中あちこちでするようになったのだ。

猫好きの同僚に尋ねると、獣医に連れて行ったら?そしたら安楽死させてくれるよ、って。え~~~~~~そんなことは絶対しませんよ!と途方にくれる私たち。で、日本人の犬好きの友達にに尋ねてみたら、市販のペットフードを止めて手作りすると、毛並みが良くなるし調子が良くなるよ、と言われ生の肉や魚を一日一回のウエットフードの代わりにあげることにした(ドライフードを止めるほどは手がかけられない)。そしたら、食べっぷりがぜんぜん違う。それに毛並みがつやつやに!Missyは毛玉以外でも定期的によく吐く子でそれの掃除も大変だったけれど、それもぴたりと止まった。

これと同時に猫好きの日本人の友達にもアドバイスを聞いてみた。今までトイレは二階の子供たちのバスルームに置いていた。でもMissyがおしっこをしまくるのはなぜか1階なのだ。一階はキッチンやダイニングルーム、オフィスとかリビングルームがあるので家族が集まる場所なのだ。そこで、トイレを絵里佳のプレイエリアの隅に彼女のアドバイス通り置いてみた。そしたら、うんちもおしっこもトイレできちんとするようになった。それから、彼女のもうひとつのアドバイス。もっと愛情をあげてと。

MissyはもともとAJの猫。猫をほしがっていた彼女に10歳の誕生日プレゼントとして我が家へやってきたのだ。しかし、そのAJも昨年からママの家で住むことを決めた。ママの家には犬が2頭、猫が2匹いたのでMissyは我が家へ残ることに。一番MissyをかわいがっていたAJがいなくなったことはMissyにとってきっとつらかったことだろう。以前はソファーにごろんとしているとお腹に乗ってきてのどをぐるぐる鳴らしながらしていたけれど、最近は私も旦那も忙しくてソファーにゴロンなんて滅多にしない。それにMissyちゃんのお気に入りのソファーはなくなり(好きなだけ爪を立てて引っかいてくれた)、新しいソファーに買い変わって以来、爪を立てようもんなら、霧吹きでシュッシュと追い立てられ、、、、。猫クッションを買ったけれど、、、、愛着のソファーの代わりにはならないよね~、と振り返れば振り返るほど、接点が減ったな~としみじみ。アドバイスを受けて猫のおもちゃで遊んだり、毛をなでたりするようにみんなでした。そしたら尻尾を追いかけるのも止まった。

あ~猫も愛情が必要なのね、、、としみじみ感じたのであった。ごめんよMissyと家族みんなで謝ったのだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

プレゼントは愛を表す?!

お久しぶりです。勉強に没頭中の割にはぜんぜんペーパーが進んでいない。5日前にフォーカスを180度変えてしまったから、また一からのやり直しなのだ、、、はは

と、気分転換に、、、

昨日はBrodyの誕生日でした。14歳になりました。背は旦那より高くなって、声変わりもして体格も男の子から男に変わって、まったく大きくなったものだと思う。彼に出会ったときは2歳半。美加と呼べずビーバと呼んでいた。彼は旦那と元奥が一緒だったことをまったく覚えていない。物心ついた時から私がいた。心優しい子で喧嘩とか暴力が大嫌い。母親の家ではなく私たちと暮らすことを決めたのもそれが理由だった。

最近、目立つようになったことがあった。人を無視するのだ。気に入らなかったら無視する。争いを避けるために、というひとつの方法かもしれない。しかしそれを私たちに対してされるとたまらない。で、誕生日の前日、些細なことで口論になった。とどめは無視。私や旦那が何を言っても無視するのだ。かーっとなった私は、親に対して尊敬することができないのなら出て行きなさい!と言ってしまった。そして本当に出て行ってしまった。初めてだ。2時間ぐらいたって彼は帰ってきたそうだ(私は夜勤に出かけたので、あとのことは知らない)。寒い中、近所を2時間も歩き続けたそうだ。頭が冷えて悪かったと、素直に謝ってきたそうだ。

しかし、話は続く。Brodyは私に愛されていないと思うと言う。その理由はなんと、私は絵里佳に靴や服を買うのに、一度もBrodyに物を買ったことがないからだ、と言う。ママ(実母)はいつもたくさんのプレゼントを買ってきてくれるのに、私はそうしない、と。彼のママは買い物好きで、シーズンごとにどっさりと服や靴、かばんにジャケットを買い込む人。子供たちのものも同様だ。こういう日常的なものだけではない。おもちゃも山のように買って来る人だ。AJとBrodyの部屋はいつもおもちゃで埋もれていた。無駄買いをしない私たちにしてみれば、買いすぎといえるほど。だから今まで一度も”買う必要がなかった”のだ。それに私はママのように”愛してる”と言わないし、ハグやキスもしないと。

旦那はじゃあ美加ママがおいしいご飯を作って、育ち盛りだからと誰よりも多く盛り付けをするのは愛じゃないのか?甘いものや炭酸飲料は体に悪いからと、健康的なスナックを用意したりするのは愛じゃないのか?ジャンクフードを買い与える方がよっぽど簡単なのにそれをしないのは何故だと思う?美加ママがいつも就寝時間になったら、テレビを止めて寝るように催促するのは、体を心配してるからじゃないのか?愛って言うものは物を買い与えることではないし、うわべだけの言葉で表すものではないと。それに美加ママは変わっていないよ。Brodyが自分から避けるようになったんだろう。愛って言うものは相互作用なんだよ。受身になってもらうだけじゃないんだよ。おはようも言わないような人がハグやキスがもらえるわけないよ、と力説したそうだ。Brodyはこれを聞いてとても驚いたそうだ。

子供ってこんなもんなのかな?今でこそ一緒に住むようになったけれど、2年前までは我が家と実母の間を一週間毎行ったり来たりの生活で私もパートの継母だったから。派手でうわべ人間の実母に比べられても仕方ないかね~とも思う。人間大切なものは失くさないとその大切さをわからないって言うけれど、子供のため、健康のためって思うような地味な、でも大切なものの価値って子供にはわからないものなのでしょうか。それと同時に価値観って育つ環境の影響が強いんだな、としみじみ思った。愛をプレゼントの量で測られていたなんて、まったく驚きです。

しかし、Brodyは言う。なんて言っていいかわからないけど、我が家の方が居心地が良いと。ママの家は自由がいっぱいあるけど、嫌いだと。朝食も夕食も一緒に食べない、それぞれが、自分の食事を勝手に作る家、テレビの時間もビデオゲームの時間の制限もなく、帰宅時間も就寝時間も決まっていない家、でも物だけはあふれる家。居心地の良さはやっぱり”愛”からくるのではないのでしょうか。いつかはわかってもらえることを信じて。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

新顔

新顔が我が家にやってきました。Mercedes-Benz C250 4MATIC!写真のように白い車体で美しい~


kuruma


こちらは10年来愛用していた
Suzuki Esteem。だんだん調子が悪くなって修理に出す予定だったけれど、ちょうど保険も切れるし新しい車を考えようかと話し出したのが、つい最近。とんとん拍子で話が進んで、今日に至ったわけだ。


kuruma3


Esteemを購入したときは、こちらでようやく看護師の免許を取ったけれど労働許可が下りるのを待っていた。長い学生生活で貯金も使い果たしたころ。旦那と一緒になったけれど、離婚のあと二人の子供を抱えて彼の生活も楽ではなかった。そんな中で二人で購入した車。ベースモデルでエアコンもない、オートロックもパワーウインドウもない、フォームで作られたシートは心地よいなんてものからはかけ離れていた。それでも新車で燃費もよく壊れない車はうれしいものだった。いろんなところへ行った。キャンプやハイキングをしにBC州内をよく走ったものだ。でこぼこ道も上がった。子供たちが大きくなってキャンピング用品を入れるスペースがなくなるとスペースカーゴやバイクラックもつけた。そうするとスバルレガシー?と見間違えられることも多くて結構気に入っていたのだ。本当によく走っていっぱい家族の思いでを作ってくれたEsteem。感謝感激だ。しかしヘッドレストは遠の昔に壊れ(子供たちが狭い車内で移動するのにつかむので)、最近はバックシートのスプリングのばねが見えるようになった。その上サスペンションが怪しくなりかなりスピードを落とさなければカーブが切れなくなっていた。私たち夫婦は家と旅行にお金をかけるモットーで車は移動手段という考えがあった。豪華な車を運転している人を横目にしていた私たち。しかしながら40代も半ばになって腰痛やら四十肩などなど、もうちょっと体にやさしい車、大人の車を買うのもよいのではないかと話すようになった。

ベンツと言うとえ~?!と思う人もいるかもしれない。しかし自国の車会社のない国。すべての車が輸入車になる。ハイエンドの車が欲しいと決めていたのでそういうレベルで比較すると値段的にも差はあまりない。Cクラスなのでベンツの中ではハイエンドにはならない。しかし他の車会社のハイエンドに匹敵するほどのパフォーマンスの良さがあるのだ。早速購入を祝ってドライブへ行ってきた。なんて快適なんでしょう。いろんな機能がついてて、へー、ほー、と歓心のため息が耐えない。スポーツパッケージもついているし2.5Lのエンジンとは思えないほどの走りでついついスピードを出しすぎてしまいまった。

で、これが私の通勤車になるわけだが、旦那からしばらくは彼の監督の元でのみ運転するようにとの通達。彼ほど運転がうまくない私はしっかりトレーニングを受けるようだ(ドライブの帰り道半分くらい運転したけれど合格しなかった)。なんてたってEsteemで事故はしなかったものの、2ヶ所こすり傷をつけたのは私。前のピックアップトラックのミラーを吹き飛ばしたのも私。ハイウエイでドーナッツを描いたあげく中央分離帯に落ちたのも私。デリカをバックで他の車にぶつけたのも私。子供たちからもママの運転はパパに比べたら下手だよねのお墨付きで、、、。今回はもっと気をつけてもらわないと困るってさ。ぐすん。しばらく練習の日々が続きそう。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ