ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

友達

義援金、支援金、募金活動

被災した方にお金が届きますように。阪神大震災の時にも注目されたが、長期の支援の大切さ。がんばるTシャツの発起人Shinjiさんはそこのところを考えてこの企画を始められました。話せば話すほどShinjiさんの被災者の方への細かいお心使いが伺える。

時間がたって阪神のことが忘れ去られた、東北にはそうなって欲しくないと、身につけることができるTシャツによって何ヶ月たっても、何年たってもまだまだ苦しんでいる方がおられることを思い出して、自分でできる範囲で活動をして欲しいと。売上金が一時的な支援金につながることが唯一の目的でないこと。デザインは人が立ち上がっているのは背中側、手を握り合っているのは前側になるデザイン。被災地の方にとって多くのものをなくし、心を奮い立たせても立ち上がれない悲しさ。そういう方々にとってはこぶしを握りしめて立ち上がっている姿が全面に出るのははつらすぎるのでは、そういうデザイン直視すると心の傷が深くなるのではないか、と。被災そして支援された方がだからこそわかる心配りだと思う。Shinjiさんはカナダや地元だけのものではなく世界中の人に支援の輪(和)が広がるように世界中にTシャツを売ることを目標に入れられています。

ShinjiさんはTシャツ業者の方ではありません。これに乗じて儲けをしようとしている方でもありません。Tシャツ販売にいたってそういうことが末端で起こらないようにするには、どうするべきか基本的な枠組みも作っておられます。中心的に活動されている方は56人いるそうです(グループリーダーになったくせにまだ一度もミーティングに行っていない私)。注文、お金の管理、流通、広報などなどやるべきことは山済みだけれど、少しずつ進歩を遂げられています。無償で自分の時間をたくさん費やして、本当にがんばられておられます。私と旦那も力になるようにPDFのチラシや注文用紙の作成。各学校、団体への協力要請書などの作成をしました。販売活動も数箇所で計画している。今期の勉学が終われば本格的に活動を始める予定にしている。

カナダではもう地震のニュースは聞かなくなりました。しかし東北地方では仮設住宅の建設の遅れなどから、まだまだ避難生活を強いられている方が大勢おられます。義援金、支援金、募金活動が一時的なものにならず、息の長い長期的なものになりますように。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

気分転換

大学のペーパーに行き詰ってしまった。先へ進めない。練っている間に頭がボーっとしてくる。気分転換をして頭をリフレッシュしたい!と思った今日。

何でも軽い運動や子供と一緒に遊んだり歌を歌うと良いらしい。

で、外にでたくなった。近所をぶらぶらして新鮮な空気をいっぱい吸い込みたいと思った。

でも絵里佳の友達が来ていて置いて出かけるわけにはいかない。一緒に連れて行くと気を使ってリフレッシュにならない。

庭でガーデニング?雨が降っている。合羽を着てまでする気にはなれない。

軽い運動。首や背中がゴキゴキ音を立てる。少しすっきり。でもまた行き詰る。気分がもやもやする。こんなことはもう辞めてしまいたい!と言う気分に駆られる。楽しいことをしたい。ママ友に会って日本語でべらべらしゃべりたい!と電話に手が伸びそうになった。でもあと一時間で夕食を作る時間。出かけるわけに行かない。電話だとどうしてもPCに手が届き集中できない。

そうだ日本行きの計画を立てよう!とネットでサーチをすることしばし、旅館や特に料理を見ながらどこにしようかと笑顔になってしまう。時間を忘れて楽しんでしまった。

こんな気分転換しかできなかった今日。悲しい、、、。早く夏休みにならないかな~

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ひなまつり

今日はひな祭り。最近忙しかったので今年はどうしようと思いながら、我が家で絵本の森の会を開いてもらい、その延長でパーティーをすることに。

 

2日に仕事が終わってからえっちらおっちらとひな壇を絵里佳と出す。ぐったりして私は絵里佳より先に眠ってしまった。11時間睡眠のあとすっきり目覚めた私。それでも料理の準備をぜんぜんしていないので、絵里佳に“お母さん今年は着物を着ないから”と言うと“えー着てよお母さん”とねだられ着付けを始める。いつも思うのだが、着付けを習っておいて良かった。もう何年も前なのに毎年体はちゃんと覚えていて、本を見る必要もない。帯を上げるときは手がつる~!といつも思ってしまう。帯が一度で決まるとうれしくなる。背中がまっすぐして気持ちいい。歩くとき衣擦れの音がシュッシュとして気持ちいい。料理をしないといけないので、いつものように大島紬に袖を通した。

 

着ているうちに絵里佳も“私も着たいの~お母さんみたいに~”と。“でもお友達と遊べなくなるよ”と言っても“着たい”の一点張り。こういうチャンスでもない限り着られることもなく眠っている晴れ着。仕方ない、、と引っ張りだす。3歳の七五三以来。すぐ着せれるはずと思ったのは大間違い。すっかり背が高くなってまるでミニスカート。いつの間にか大きくなったのね、と歓心。尾羽しょりを下ろすと今度は長すぎで半分の長さで尾羽しょりを上げなおす。朝っぱらから何をしているやらと少し後悔。しかし着せてみるとわが娘ながらかわいい。自分が着ていた晴れ着を着ていると思うとなおうれしい。もちろん絵本の森が始まる前にもう脱ぎたい攻撃が始まった。しかしなんとか説得させ、絵本の森は着物で参加。終了と同時に洋服へ着替え思いっきり遊ぶ彼女。まあ、こんなものか、と思った。

 

久しぶりに絵本の森のお母さんたちとゆっくり過ごし私も楽しかった。忙しかったけどやっぱりやってよかったと片付けのあとひな壇の前に座って思った。


IMG_1496


 

で、この新しいブログサイト。いろんな機能があるのか、とても使いにくい。自分のやりたいページになるのはいつのことやら、、、。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポルシェ

今日なんとポルシェを運転してしまった!旦那の友達がポルシェを持っていて二人はお出かけ。帰宅してから、“みかも運転してみる?”と鍵を渡されてしまった。冗談だと思った。ピカピカのあのスポーツカーを私が???ぶつけたりしたらどうするの?!と思い“じゃあ助手席に乗せて!”と今度は私とその友達と出かけた。いろいろ車のことを説明してくれる。時速70Kmで90度のカーブを切ったときにには心臓が飛び出るかと思った。(そんなスピードで曲がっても車が振れない!まるで道路に吸盤がついているみたい!?)そして駐車場に止める彼は“自分で運転しないとポルシェの本当の素晴らしさは分からないよ”と言う。そこまで言われたらやってみなくちゃとお調子者の私はハンドルを握った。走る走る、時速90kmで走っているなんて気づかない(自分は60Kmだと思っていた)サードギアで十字路を曲がれるのだ。“もっとアクセル踏み込まなきゃ車がかわいそうだよ”と言われ踏み込むと弾丸のように飛び出すし、、、。ドキドキの運転だったけど楽しかった~何でも彼のお気に入りのドライブコースはくねくね道だそうで、、、。

彼はこの車をアメリカで購入してカナダへ持ってきた。カナダドルとアメリカドルの違いでかなりお得になるそうで。今の不況で高級車を手放す人が多いので選り取りみどりと聞いたけど、、我が家は今のところ将来の“夢”として考えておこう。

これが今回運転した

porsche cayman

a0043939.jpg


夏休み報告~その1~

3週間ちょっとあった夏休みもあと2日で終わり。楽しく充実した毎日で少し疲れ気味。報告したいことはたくさんあるけれど、まずは今の気持ちが消えないうちに、、、

昨日友達2人を空港へ送りに行きました。いつも思うのだけれど、祭りの後のむなしさ。

2人は日本で働いていたころの同僚。滞在中は仕事場の話をしっかり聞かせてもらいました。私が働いていた病院は10年経つ今もあまり変わっていないな~と。昇任したのはあの人、この人と、懐かしい。夜は遅くまでそんな話をして、毎晩寝不足。

あいにく天気には恵まれなかったけど(今はまぶしいくらいの青い空!)、どこへ連れて行っても素敵~という言葉が出るほど感動していた二人。自分の好きな国を見てもらって喜んでもらえる、これがあるから観光案内も頑張ってしまうのよね。

故郷から遠い国に住んでいるから、遠くから遊びに来てくれる友達は本当にうれしい。カナダを訪れると連絡を受けた時から、会える日を楽しみにして、楽しい日々はあっという間に過ぎて行く。特に働いている人達は長い休暇は取れないので、5泊7日と短い期間。空港からの帰り道、絵里佳が”行っちゃったね~”と言った。誰もいない家へ戻り(旦那は仕事、AJはキャンプ、Brodyはママの家)私もしんみり”行っちゃったね~”と言いながらゲストのベットのシーツをはがす。

次は誰が来るのかな?両親や姉弟家族ももいつか来れたらいいのにと思いながら、溜まっていた家事をする一日でした。

観光案内

イギリスからHiさんがやってきて、23日は一日観光ガイドをしました。買い物より自然散策をしたいとの希望で、WestVancouverを中心に一日ガイドをしました。

一日といってもあっと言う間に時間は過ぎて、言ったのはCypressMt、DundaraveとAmbleside間を散歩して、BeachHouseで昼ごはん。その後LightHouseParkへ行って、スタバでお茶をして終わり。彼女はいろいろ説明する私に驚いて、”もしかしたら元観光ガイド?”とウインクいえいえ、日本から来る友達を連れて行くところはだいたいいつも一緒だから、覚えちゃっただけです。でもCypressの高さを聞かれ答えられなかったから、こんどはもっと勉強しておこう!

それにしても、インターネットの威力には感心する。Hiさんと出会ったのはMixiの海外で働くナースのコミュを通して。お互い仕事に関してコメントを書いたり、メールのやり取りをするうちに、ネット友達になり、今回こちらに来る予定があるから、ということで実際会うことができました。イギリスとカナダの看護や仕事のことを語りあい、とても楽しい時間を過ごしました。

13歳にになるAJはMSNメッセンジャーやインターネットが大好き。学校からも薦められているように、我が家ではとても厳しい規則の中で、楽しんでいる彼女。その規則のうちに、ネットで知り合った人と会ってはいけません!ネットで知らない人と、メールの交換をしてはいけません!と。

Hiさんと会うことを聞いてAJは規則違反だと言う。”きっと会いに行ったら、50代ぐらいのおじさんが待っていて、どこかに連れて行かれるに決まっている!”と言っていた。”Mixiは信じれても他のサイトは信じられないの?”ナドナド。子供は大人に比べて判断力がないから規則が必要ということは、なかなかわかってもらえない。

確かに、インターネットを通じて、犯罪が行われたり、子供(大人も)が危険な目に遭うことがあるけれど、私は良い点に注目したいと思う。だってこれがなかったら、Hiさんに出会うことは決してなかったと思う。それだけではなく、今カナダにいるほとんどの友達に会うことはなかったと思うからだ。

外国へ一人で来て、それも郊外に住んでいたら、日本人に出会うことはめったにない。ネットをはじめてから、友達の輪も広がり、こうして外国に住んでいる日本人や、看護師として働いているのは一人ではないのだと、随分励まされたものだ。

日本に住んでいる友達ともタイムリーに連絡をすることができるのもインターネットのおかげ。以前、戦後にカナダへお嫁に来た日本人の方と話したことがある。彼女は今の時代を羨ましがっていた。今は日本食も手に入るし、日本のテレビも見れる。電話も簡単。交通の便もずっとよくなり、カナダ、日本間も数時間で行き来できると、その通りだ。そんな便利な世の中でも私は孤独を感じていた。でも今はネットで世界中に散らばっている日本人とコミが取れるし、近くに住んでいる日本人友達もできたので、以前のように思うことはなくなった。

自分の意志で日本を離れ、外国に住んでいるのに日本の輪を求めるなんて、おかしいことかな?でも私は日本で育った日本人だから、これで良いのだと思う。
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ