ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

ドジな私

記憶力

あ~今期の大学院でのコース、、、。難しいったらありゃしない。倫理だけならともなく医療制度を政治の視点から切るって、それも論理の部分なんて何度読んでも理解に難解したのだ。少し具体的になってきたのでわかりやすくはなってきたけれど、リーディングの重さと多さに閉口気味だった今月。

次第に机の周りには開けてもいない手紙が山積みになり、整理整頓したはずの机も空いているスペースを探すのが難しくなってきた。いろいろなことが後回しになって、1月からはじめた仕事の書類手続きも完成していない。やらなければならないことに追い立てられるのは神経的にかなり悪い。

今日は仕事のコンピューターラボで新しいプログラムのセミナー。昼休憩中には毎年義務のマスクフィティングテストへ行き、そのついでに予防注射もさせられ、休憩は終わり。あわててクラスに戻って昼ごはんを急いでかけこみ昼の部門へと。セミナー中に時間があればメールの返信をしたり、大学のオンラインディスカッションを横目で読みながらと、モルティタスクの一日だった。こういうことを続けると集中力がなくなり(そりゃあひとつのことに集中せず二つ三つと同時にこなしているので、ひとつのことには集中していないよね)、記憶力が低下するとか。

で、父と電話で話していて今夜気づきました。母の誕生日をすっかり忘れていたことを。初めてだ。月初めには何を送ろうかな~まだまだ時間があるし、と思っていた。母は外出中で、私の落ち込みようと言ったら、、、、。絵里佳にまで、ほらママ私のカレンダーにはしっかり書いてあったのに。ママは忘れっぽいからちゃんと私のカレンダー見てね、と言われてしまった。手帳にカレンダー、携帯とあちこちに入れていても忘れてしまう。買い物リストを作っても、持って行くのを忘れてしまう、なんてざらだ。旦那にスローダウンしなくちゃ、と肩をたたかれた。働きながら学校へ行く母親業は、、、、身が削れます。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

おっちょこちょい

なのだ。だから大事なことは注意を払って読んだり、聞いたりすることが大切なのだが、、、またやってしまった。

大学院に行くと強制的に保険への加入をさせられる。BC州は医療費は無料だけれど、薬代や歯科、カイロプラクティスやマッサージめがね代など個人負担になる。仕事を持っている人は福利厚生としてこれらをカバーしてくれる保険を持っている。そういう人は申請をして大学院の保険をキャンセルしなければならない。大学院の保険は無料加入ではなくて年間$223.45かかるのだ。

で、昨年はちゃんとキャンセルした。今年はお知らせのメールをもらって「へー今年はゆっくりなんだ10月22日までにすれば良いなんて」て思い、メールにマークをつけてのびのびにしていた(いつも最後の最後で何でもする人)。で、今日キャンセル用のサイトのページへ行くと9月22日で締め切ったと書いてあるではないか~!!!

メールをもう一度読み返してみると、二つのことが書いてあってキャンセルや扶養家族の追加の申請と、支払いに困難がある生徒は免除の申請。その後者の締め切りが10月22日となっているではないか~!

もしもと思いながらオフィスに連絡してみたが、はっきりもうだめです、と言われがっくり。そのおねえちゃんに「でも何かあったときダブルカバー(今ある保険と)してもらえるってことだし、海外旅行保険も入っているお得な保険ですから、無駄金ではないですよ」なんて言われてしまった。悔しくて「じゃあしっかり病気にるか海外旅行にでも行かなきゃね~」などと負け惜しみをはいてしまった。海外旅行はともかく病気になるなんて縁起の悪いことを言ってしまいもっと後悔。健康増進でカイロとマッサージに定期的に行って保険を使い切るぞ~と誓ったのであった。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

ご迷惑をおかけしています

最近Windows Internet Explore からFirefoxに切り替えたのです。Windows Internet Exploreはセキュリティーの面で弱いのでうち中のPC(我が家5台も稼動しています)がFirefoxにしてあったのに、何故か昨年購入した私のPCだけWindows Internet Exploreを使っていることに気づきFirefoxに切り替えました。

どうもそれ以来ブログをWindows Internet Exploreで開けると閲覧できないということを気づきました。メールを下さった方々ありがとうございました。偶然ではなかったのですね。

で、言っちゃあ何ですがFirefoxって良いですよ。セキリュティーばっちりです。ハッカーされないプログラムでお勧めです。簡単、無料でダウンロードできます。

ちょっと時間をかけてブログを直してみようと思っていますが、一筋縄ではいかず時間がかかりそうなので待ちきれない方はFirefoxへの移行をお勧めします!いやになっちゃいます。

 

走っています

2月に首を痛めて以来、一切の運動をやめていた私。もうすでに半年。食べることが大好きな私の体重は上昇傾向。日本行きもあるしこれではいかんと走ることを始めました。走るのは久しぶり。

こちらで看護師になるまでは貧乏でジムへ行くお金もなかった。手軽にできるエクササイズとして早朝ジョギングをしていた。朝もやの中、牛の鳴き声を聞きながら田舎道を走る。車もなくてバス停まで11ブロック歩いていたよな~そして私はとても細かった。

久しぶりのジョギング初日は10分も走れなかった。体中鉛のように重くて息切れも激しい。年をとると運動していないことがすぐに体に現れるのね~と実感。2週目に入り25分ぐらいなら楽に走れるようになった。体が回復しているようでうれしい。走った後は旦那のバーベルを借りてウエイトリフティング。骨そしょう症を防がなくちゃね!

先週は朝走ったけれど、今週は12時間勤務の後に走っている。体がすっきりしてよく眠れるし、なんたってビールが飲める!お酒を飲んだ翌朝は体中がだるくて走れない。と、今もビールを飲みながら書いている。そして明日はゆっくり寝るぞ~と嬉し顔。

これで飲まなければきっと痩せるのにね~やめられません。夏はやっぱりビールです。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

あ~信じられない

もうすぐで夏休み。あと2,3日がんばって課題3をすませれば夏休み~と、12ページの論文は10枚まで書けていた。で、今日の夕方ようやく課題2が帰ってきた。

 

げげ、赤ペンだらけ~ケチョンケチョンにやられました。いつも通り課題1、2、3と積み木を積みあげるように進んでいくものだから、課題2を直さなければ3もダメというこで、、、。半泣き状態です。別に不合格をもらったわけではありません。しかし今まで順風漫歩に来ただけに、Bでは納得できず、、、それも赤ペンで書かれていることはどれも納得、、、、。

このコース、本当に読解力と重箱の隅をつつくような、虫眼鏡で隅々まで観察するような視点が必須で、、、その作業にはとてもつもない時間がかかり、まるで永遠に続き終わりがないと錯覚を受けるほど。完璧な研究はありえないとしみじみ思い知らされます。リサーチャーの人たちってこういうことを毎日しているのね、、、私はごめんです。でも卒論の前に同じことをしなければならない、と今からわかっているから、しっかり学んでおかなくては、、、。それに、私って踏みにじられてもたくましく生きる雑草のような人。綱渡りの人生で危なっかしくて今にも落ちそうでも落ちたことがない人だから、きっと乗り越えられるさ~と。

 

課題2の返却が遅れたため3の提出期限は2日延長され日曜日の真夜中に変更とクラス全員に通達があった。で、私の真っ赤なペーパーの終わりに、優しく必要があれば個人的に締め切りを延ばすから、と。個人的に指導もするから連絡してね、と。うーそれほどやり直しの量が多いのだ(やり直しというより、もっと深く研究を斬ってって感じかな)、、、。でも夏休みを短くしたくないし、もうすでに予定も入れているし、だらだらせずさっさと切り上げたい気持ちでいっぱい、と言いながらプシュッとビールのふたを開けちゃいました。自棄酒だ~と半宵で書いています。

とほほほほ、、、、

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

メロメロ

新しいカイロプラクターに通いだしてそろそろ一ヶ月。そのケアの高さに大満足の割には未だに不安定な首。それに疑問を抱くのは当の先生。正直に私にそのことを伝えてくれた。で奥さんに紹介してもよいか、と。

このクリニック。夫婦二人で行っていて二人ともカイロの先生。でもやり方が違うとか。うわさには聞いていたがカイロもいろいろなテクニックがあるそうで。私は過去10年間。ゴキッゴキッと背骨や関節を動かすテクニックにすっかりなれていた。はじめの先生はそちら版。でも奥さんは違うと。で、今日初挑戦。体にそっと触って筋肉を刺激する。とてもソフトなタッチなのにつぼをついているというか、、、。頭をぶつけたことがあるでしょう、頭と首の筋肉もガチガチよ。どうりでアジャストメントしてもすぐ戻っちゃうわけだ、と。今日はきっとすごく疲れると思うから、無理をしないでゆっくり休むように言われた。え?これだけと思うような治療だったけれど、帰り際支払いをしている間にすでに違いを感じた。体中の力が抜けていくような気持ちよいけだるさ。腰抜けになったようなメロメロさ。歩く感じも気持ちよく帰宅してソファーで体を休めた。頭痛だけでなくて不眠やイライラ感とかいろんな症状があったでしょう、と言われた。図星だった。

体を労わることの大切さを考えさせられた。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ