ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

訪問看護

借り出される

英語が少ししか話せない患者さんなの、プライマリーになってくれない?とまた頼まれた。英語が話せなければ通訳を頼むが、いつもいつもというわけにはならない。今二人ほど先述の理由で担当地区が違ってもプライマリーになっている日本語を第一言語にしている患者さんがいる。

30年以上ここへ住んでいていてもやはり母国語が良いよ、と日本語で話しかけると喜ばれる。二ヶ国語話せるってこういう時に重宝するもので。私自身も懐かしい言葉と文化に触れてほっとする。

先日はソーシャルワーカーと共同訪問だった。患者さんの希望で私が付き添うことに。なので通訳を依頼する必要はないと言うと、ソーシャルワーカーに”本当に大丈夫?”と何度も念を押された。自分は通訳が本業でないから難しいのはわかっている。しかし3人で押しかけるのもなんだか気が引けた。ショーシャルワーカーの彼女とは長い付き合いで、彼女がこの訪問でどんなことを話すか知っているし、きっと大丈夫と望んだ。

ソーシャルワーカーはいつもののりでよく話す(心地よいほど話し上手な彼女)。何度か長すぎて最初に何を言っていたか忘れるほど。特に患者サイドがうなずくので、彼女はわかっているものだと話を進める。しかし現実は違う。わかっていないのに首を振るのは日本人の悪い癖だ。何度か、彼女のしゃべりを止めて通訳をした。無事終了。両サイドとも納得のいく訪問だったようで、ほっとした。

私が通訳を呼ぶ時もある。同じ言語でも違う通訳が来ると、同じことを言っても話す量が違うので、結構興味深い。きっと通訳さんの技量にもよるのだろう。

ソーシャルワーカーとの共同訪問に戻って、改めて思ったのは文化の違いの大きさだ。私にとっては日本人女性の普通の反応と思うことも、ソーシャルワーカーの目からは違うようにとられる。外に出てから日本文化の説明をしても、でも今こういう方向に進めとかないと後で困るのは残された家族でしょう、と。いや、家族も日本人だから北米人と同様には思わないと、私は思うけど、と伝えてみても真からの理解は得られなかったような気がした。その人それぞれの文化背景が人を解釈するのにとても重要な役割を果たしていることを改めて思わされた。こういうことからもこちらに住んでいる日本人の方の力になれたら、と思わずにはいられなかった。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

パニック

昨日訪問中にオフィスから電話が入った。停電で電話も機能していないので、携帯電話だけを使うようにと。オフィスは18階建てのビルディングの15階にある。エレベーターは動いているが、非常灯のみで中は暗い。何でも急にビルディング全体の電力がなくなり非常用の自家発電も一機しか稼動していないとか。他のテナントはすでに退避していて、ビルの中はとても静か。はじめは数時間で回復予定と電力の回復を待っていた。なにせコンピューターがなければまったく仕事ができないのでオフィスに戻ってからは電力の回復を待っていた。

しかし原因がまったくわからず電力は4連休明けになると。えーとあわてて手書きの記録に切り替える。しかし過去の記録がすべてコンピューターの中。今日観察したことを比べようにも比べられない、、、、。コンピューターに頼りきるとこういうことになるのね~。オフィスが使えなくても患者が待っている。隣の訪問のオフィスへこの4連休の間だけ引越しすることになった。

緊急会議でどうやってこの非常事態を切り抜けるか伝えられた。引越しといっても患者のカルテやら医療用材など4日分だ。幸いにも隣の訪問のオフィスには使っていないコンピューターとカメラなどがあるのでそれは使うことができるのでカメラなどハードな資材は運ばなくてよい。しかしこの4連休中に大規模なお祭りがそのオフィスの近辺で行われることになっていて、交通渋滞は避けられない。普段ならEカーデックスというコンピューターが吐き出す受け持ち表を使うけれど、それも使えない。オフィスナースといわれる看護師が頭を使って翌日の受け持ちを作り出している。Eカーデックスに取り込まれる情報はすべて電話で行われる。それが使えず携帯電話で行っている。普通の電話と違ってメモリーの量もぜんぜん違い、間違いが出るのではないかと不安がでる。OOOになったらどうしたらいいの?という質問が飛び交う。半ばパニック状態のスタッフ。慣れた自分のデスクを離れることに不安が付きまとうのは当然だ。しかし、私は心の中で”こんなことでパニックしていたら、日本で起こったような地震にあったらこの人たちどうするんだろうな~なんて考えていた。と客観的な意見。というのも私は5連休。12年目の記念旅行でオレゴンコーストへ3泊4日で出かけるのだ。だから心の中は人事状態と言えば感じが悪いか。

できるだけ早くビルディングから離れてください、と各スタッフが両手に抱えれるだけのものを持ち足早にビルディングを離れた。4日間サバイバルしようね~と手を振って。



にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

看護倫理と政治

あーようやく終わった看護倫理と政治。長かったし思ったよりずっと重たいコースでした。半泣き状態で書いた最後の論文。終わってみれば結構良いとこついているじゃないの、と自分の論文にほれ込む(いつものことですが、そりゃ何か月もかけて書いていれば恋に落ちるというもので)結果はどうであれ、大変な満足感に浸っている今日。書いた内容はDevalued Population : Palliative care Patients。緩和ケア患者がシステムの中で差別(と言うとちょっとニュアンスが違いますが)されているかということ。積極的な治療(緩和化学療法や放射線療法)やDNRの説明と承諾のプロセスに医師の高い権威が患者の自己決定の意思より重要視されている側面、法制度の中で緩和ケア患者に不利な政策についてなど、高齢化する社会の中での緩和ケアのあり方などをまとめてみました。すべて仕事を通して経験したことから疑問がおきて追求していくうちに、政治や方針が深く関わっていることがわかり、医療が政治と強くつながっていることを改めて知りました。

で、最近受け入れた2例の患者さん。どちらも最近末期のがんだと判明した方でした。両人とも緩和化学療法待ちの方で、症状緩和目的の治療なのに、がんが治癒すると強く願っている。そんな中で訪問の緩和プログラムの登録とケアの開始と。両方とも難しいケースだった。なにせ症状が出てから診断までの期間が短く現実(末期のがんだと)を消化していくだけでも時間のかかる過程。それをサポートしながら迫ってくる最期に備えて準備を始める。信頼関係を築きあげながら。十分な時間を使って患者や家族の気持ちや現在の理解を、計画に組み込んでいく。反応をみながら消化できそうな情報をシェアしていく。時間も労力もかかる。こういう難しい会話でもしっかりと向き合える知識と経験が必要だ。政策やシステムの中で揺れ動く患者と家族の気持ちが伝わり心が痛む。これから続く長い旅の始まりを感じながら。

難しいけれどやりがいがある。やっぱりどこにいても緩和は良いな~、とホスピスを出て訪問看護を始めたことを心から喜んでいる。 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

貧困と病気

難しいと頭を抱えていた今期のコースも、なんとか一つ目のペーパー提出が終わりホッとしたところ。課題は5つの法律の中からひとつを選び、どういう理論が基本となって作られたか、そのためどういう影響がヘルスケアにでているか、看護はどうかなどということを書かなければならなかった。私が選んだのはカナダヘルスアクト、医療基本法みたいなものだ。掘り下げてみればみるほど、いろいろな現象が浮かびあがり自分でも満足いくものができた。

以前は仕事もせずブラブラしている人をみると、自分の意思で定職につかないのかと思っていた。貧困生活に陥るのはその人が自分の意思で勉学をおこたり、技術も習得せず、などと思っていた。しかし、最近は考えが変わった。 “ライフスタイルによる病気”という言い方がはやる昨今。肥満や喫煙、その人自身の責任しだいのように受け止められるが、そうではない。収益を目的とした広告や学校のカフェテリアでのジャンクフードの販売などは個人の責任ではない。もちろん意思が強い人にとっては広告が激しかろうと、健康的な選択をするだろう。しかし生まれた時から、虐待を受けて育ったら?親が教育の価値観を持たず、学校へ行くというチャンスがなかったら?避妊の教育を受けることなく若年のうちに妊娠してしまったら?環境因子により、貧困に追いやられる人もいる。それゆえ病気になる人もいる。環境因子は個人の責任ではない。社会が取り組んでいかなければならないことだ。

で、今日訪問で訪れた家は想像を絶するものだった。以前にも書いたがハイリスクな場所を断ることはできる。しかし危うそうなところを継続して訪れることもある。うわさには聞いていたけれどこれほどはと思う所だった。一人目は車庫に住んでいる。以前は浮浪者だったそうだが、、、。車一台入る車庫にベッドとテレビ、ユニットバスがあり、コンロが二つ置いてある。窓がないのだ。真っ暗な暗がりで彼は生活しているのだ。両足に転んでできた傷が一年近く治らない。その理由は合併症の多さだ。足への循環が悪いからだ。そして環境因子も高いだろう。松葉杖をつきながら自分で洗濯や清拭をすると言う。コンクリートの床にダンボールをひいて、清潔とはいえない環境だ。しかし病気のため細かく整理整頓。行き届いた掃除なんてものはのぞめない。週に何回かは食事サービスをもらっている。今日は日曜日。教会へ行きたいからできるだけ早く来てほしいと。教会へはハンディーダートという州の無料のお迎えバスサービスで行くそうだ。住んでいるところだけをみるとぎょっとする。しかし本人は気さくでかんじの良い方だ。彼だけではない、次の家も似たような状況で患者は良い人だ。そして次の次も、と毎日驚くような環境で生きている人々に出会う。

ああいうところに住んでいる人は自暴自棄なんていう思いはまったくな思い違いだと思い知らされた。ペーパーでも書いたのだが、貧困と病気のつながりはとても強い。発展途上国がその良い例だろう。しかしこの関係は発展途上国のものだけではない。資本主義社会の中でも注目されている。カナダもそのひとつだ。リサーチでその関連性は裏づけされている。収入が低くなればなるほど、慢性病が多く、病院の使用率も高まると。豊かな国の中でどうしてこのように差が出てくるかだ。国が豊かでも経済的収益はお金持ちにいくようになっていて、働き蜂以下には働いても働いても暮らしが楽にならないようになっているからだ。そして前回も書いたが国の生活保障が薄いと、働けなくなると(保障などがない仕事)かなりつらい生活になるのだ。今の職場に就職する時ある程度の心構えはあった。なんたって車の盗難一位なんてもらいたくない名誉をもつ街ですから。“その人の家へ行く”というのは本当にその人の生活のスナップショットを見るようなもので、病院で患者と会うのとはまったく異なる。教科書で読むよりずっとリアルだった。リアルすぎで今夜は心がざわついている。

いたせりつくせりの訪問看護

訪問看護のオリエンテーションが終わり、独り立ち。先日フル量の仕事をもらい、それも立派に終了。ちょっと誇らしげに思った。オリエンテーションは終わったものの、教育はまだまだ続く。うちのオフィスだけでなく、同じHAのオフィスが共同して行う新採用者の教育はとても充実している。今週行ってきたのは、先日はWoundCareで今日はIVについて。

病院にいた時やホスピスへいた時も積極的にWoundCareのワークショップに通った。知識があるのとないのでは看護に差がかなり出るからだ。30%の仕事がWoundCareということで、内容はとても充実していた。基礎的な知識から実践的なところまで。なるほどと思うことが多かった。このシリーズは6回あって、6回終了すると完璧ということになる。次回は糖尿病や、静脈や動脈系疾患関連のWoundCareになっている。楽しみだ。

今日はIVコース。3回に分かれていて、今日は基礎知識とPICCのドレッシングチェンジまでだった。これまたしっかりとエビデンスに沿ったポリシーやクリニカルガイドラインで安心してケアが行えるというもの。内科にいた時に雑然として教わっていたことに比べるとかなりレベルが高いと思った。

私はすでに経験があるのでいかないが、緩和ケアの教育も3回用意されている。

病棟だったら、同僚に聞いて、とかマニュアルを探しにいくこともできるが、訪問は一人で患者の家を訪れなければならない。そういう面でもしっかり教育をすることが重要になるのだろう。

恵まれている環境で、いたせりつくせりだな~と関心する今日この頃だ。

オリエンテーション3週目

あっという間に3週目。今日から一人で運転して訪問を始める。質問があればメンターに電話をして聞くということになっている。初めてだからと、今日与えられた患者数は二人。ゆっくりしておいで~と言われて、時間をしっかりとったつもりでも、昼過ぎには記録も何もかも終わってしまった。残りの時間はEメールの整理をしたり、持参した宿題をして時間をつぶす。オリエンテーション開始以来、しっかり宿題をさせてもらっています。仕事場ですればするほど、家でする量が減るので、大助かり。オリエンテーションが済んでからもこういう余裕があったらうれしいな、とちょっぴり期待。

初日をなんとかしのぎ、一安心。明日はしっかり休憩を取るようにとまで言われた。図書館にでも寄ってくればいいのにとまで。今は落ち着いているシーズンで患者数も少ないとか。しばらく甘えさせてもらいます。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ