ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

がん

看護倫理と政治

あーようやく終わった看護倫理と政治。長かったし思ったよりずっと重たいコースでした。半泣き状態で書いた最後の論文。終わってみれば結構良いとこついているじゃないの、と自分の論文にほれ込む(いつものことですが、そりゃ何か月もかけて書いていれば恋に落ちるというもので)結果はどうであれ、大変な満足感に浸っている今日。書いた内容はDevalued Population : Palliative care Patients。緩和ケア患者がシステムの中で差別(と言うとちょっとニュアンスが違いますが)されているかということ。積極的な治療(緩和化学療法や放射線療法)やDNRの説明と承諾のプロセスに医師の高い権威が患者の自己決定の意思より重要視されている側面、法制度の中で緩和ケア患者に不利な政策についてなど、高齢化する社会の中での緩和ケアのあり方などをまとめてみました。すべて仕事を通して経験したことから疑問がおきて追求していくうちに、政治や方針が深く関わっていることがわかり、医療が政治と強くつながっていることを改めて知りました。

で、最近受け入れた2例の患者さん。どちらも最近末期のがんだと判明した方でした。両人とも緩和化学療法待ちの方で、症状緩和目的の治療なのに、がんが治癒すると強く願っている。そんな中で訪問の緩和プログラムの登録とケアの開始と。両方とも難しいケースだった。なにせ症状が出てから診断までの期間が短く現実(末期のがんだと)を消化していくだけでも時間のかかる過程。それをサポートしながら迫ってくる最期に備えて準備を始める。信頼関係を築きあげながら。十分な時間を使って患者や家族の気持ちや現在の理解を、計画に組み込んでいく。反応をみながら消化できそうな情報をシェアしていく。時間も労力もかかる。こういう難しい会話でもしっかりと向き合える知識と経験が必要だ。政策やシステムの中で揺れ動く患者と家族の気持ちが伝わり心が痛む。これから続く長い旅の始まりを感じながら。

難しいけれどやりがいがある。やっぱりどこにいても緩和は良いな~、とホスピスを出て訪問看護を始めたことを心から喜んでいる。 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

ためになる

今期とったサイコソーシャルオンコロジーはとても楽しい。カナダ東部から西部の10の大学が二つのスポンサーの下、開発したコースでアカデミアと卒後教育コースの二つがある。対象は看護師だけならず医療従事者全員が対象でインタープロフェッショナルについても学ぶ。オンラインのコースなので週に一度クラス時間があって、オンラインでビデオやマイクを使ってディスカッションをする。タイプによるディスカッションも同時にできる。クラス時間以外はReadingについて掲示板で意見交換をする。

東部と西部は3時間の時差があるけれど、同じ時間にエントリーしてクラスをしていくのは楽しい。現代の新しい教育のスタイルに感謝だ。グループワークもオンラインでできるようにセッティングされている。最後の課題はグループワークだ。教材もジャーナルだけでなく患者家族が経験を語るビデオだったり、経験を再現した劇のビデオ、患者さんの日記、ケースなどビジュアルなマテリアルをふんだんに使っていて臨床とのつながりが高い。

内容はとても深く。がんにかかわる精神的、社会的なトピックをカバーしている。3週目と4週目は鬱、自殺、不安について7週目と8週目は家族と子供のケア、9週目と10週目は性とがんなどなど、どの週もがんケアには欠かせないものばかり。インタープロフェッショナルの点でも、ソーシャルワーカーや精神科医の視点など職種を超えて話し合えること、お互いの職種を深く知る点でも意義がとても大きい。

2週目の課題が5年前にがんで亡くした友人の声にダブるマテリアルで、つらかった。クラスの中でも友人や家族が今がんと付き合っているときで、ビデオを見るのがつらいという人もいた。サイコショーシャルのケアをすることは自分自身を知ることでもある。自分の中で見つめたくないことまで、見つめなおさせられることもある。つらいがこれが大きな成長へのチャンスでもある。以前にも書いたが本当に「つらい」と感じているのは患者本人なのだから、自分を見つめる苦痛はそれに比べたら小さいことなんだから、やっていけるさ、と進むのであった。


にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ