ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

セミナー

記憶力

あ~今期の大学院でのコース、、、。難しいったらありゃしない。倫理だけならともなく医療制度を政治の視点から切るって、それも論理の部分なんて何度読んでも理解に難解したのだ。少し具体的になってきたのでわかりやすくはなってきたけれど、リーディングの重さと多さに閉口気味だった今月。

次第に机の周りには開けてもいない手紙が山積みになり、整理整頓したはずの机も空いているスペースを探すのが難しくなってきた。いろいろなことが後回しになって、1月からはじめた仕事の書類手続きも完成していない。やらなければならないことに追い立てられるのは神経的にかなり悪い。

今日は仕事のコンピューターラボで新しいプログラムのセミナー。昼休憩中には毎年義務のマスクフィティングテストへ行き、そのついでに予防注射もさせられ、休憩は終わり。あわててクラスに戻って昼ごはんを急いでかけこみ昼の部門へと。セミナー中に時間があればメールの返信をしたり、大学のオンラインディスカッションを横目で読みながらと、モルティタスクの一日だった。こういうことを続けると集中力がなくなり(そりゃあひとつのことに集中せず二つ三つと同時にこなしているので、ひとつのことには集中していないよね)、記憶力が低下するとか。

で、父と電話で話していて今夜気づきました。母の誕生日をすっかり忘れていたことを。初めてだ。月初めには何を送ろうかな~まだまだ時間があるし、と思っていた。母は外出中で、私の落ち込みようと言ったら、、、、。絵里佳にまで、ほらママ私のカレンダーにはしっかり書いてあったのに。ママは忘れっぽいからちゃんと私のカレンダー見てね、と言われてしまった。手帳にカレンダー、携帯とあちこちに入れていても忘れてしまう。買い物リストを作っても、持って行くのを忘れてしまう、なんてざらだ。旦那にスローダウンしなくちゃ、と肩をたたかれた。働きながら学校へ行く母親業は、、、、身が削れます。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

雑誌連載2回目

がん看護9、10月号に連載2回目が載っています。私の働いているところのホスピス緩和ケアの仕組みについて書きました。日本とは基本的な医療制度が違うので「連携」の面は取入れが難しいと思いますが、何か参考になることがあれば、、、

で、掲載ミスに気づきました。と言っても横浜のセミナーでも堂々と間違いを話していたので、私の勘違いと言った方が正確。

訪問介護の時間数は一日4時間がマックスで週28時間となります。一日2時間では少なすぎますね、、、。

この号は、ほかにもCNSやANPについても書かれているので、ぜひぜひ購読してください。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

酷暑脱出

昨日、日本からカナダへ戻ってきました。日本の暑さは異常で猛暑を通り越し酷暑でした。冷房なしでは暮らしていけず、外出するときは汗ボタボタで首にタオル状態でした。しかし家族全員体調を崩すことなく3週間の滞在を楽しみました。ハイライトといえば1週間のドライブ旅行でしょ。走行距離996Km。城之崎温泉若狭金沢五箇山白川郷名古屋と名所めぐり、そしておいしいものを食べておいしいお酒を飲んで大満足。おかげで体重もしっかり増えました。宿はどこも温泉があるか、ホテルでも大浴場付と毎日お風呂三昧。足湯にもたくさん行きました。白山の登山口、白水湖温泉もクネクネ道を上がって行ってきました。登山のあとに温泉なんて良いね~~もちろん最期の〆はセントレアの展望大浴場にしたかったけれど、絵里佳がかなりぐずっていて断念。

五箇山の合掌造りの民宿ではなんとカナダモントリオール出身の家族5人と遭遇。夜も朝も英語で話しまくり。旅の話や子育てから政治まで楽しいひと時でした。

そして、横浜でのセミナー。参加者12人という小グループだったけれど、これまたいろいろな人に出会いました(こぶたの部屋の住人さんgitanistさんまりあさん)。想い、思い、おもいの管理人さんがブログで内容をうまくまとめてくれていました。伝えたいことが伝わっていて、とてもうれしく思いました。医療者全員が患者中心のケアの真の意味を知ることの大切さをこれからも伝えて行きたいと思っています。

それから日本で新しい眼鏡を作りました。秋になったら新調しようと思っていたもの。日本に着いて早々フレームがバキッと折れて、眼鏡屋へ駆け込み作りました。この時気づいたのだけれど、日本の方がずっと安いし、やはり日本人の顔にあった眼鏡をそろえている!今までいつもレンズが目のそばにあったような気がしたのは鼻の高さがないからだったのだ~と妙なことで感心してしまいました。新しい眼鏡のかけ心地の良い事、良い事。旦那も値段の安さにつられてひとつ作って帰りました。彼は私の逆で鼻が高くてハチが小さくてあうものを見つけるのが大変だった。

あと、佐伯チズ認定のマッサージ師の友人にマッサージをしてもらいました。気持ちいい~~化学薬品とかでごまかさず、技術で勝負の手法、肌が元気になりました。彼女からの助言は日焼け止めをしっかりするように、、、、。やっぱり肌にも無理がたたっているか、、、。

カナダは秋晴れというのに18から20度で酷暑に慣れた体には寒いと思うほど。今朝は暖炉に火をつけそうになりました。子供たちの学校も今日から始まり、私は来週から。明日からは新仕事を始めます。いろいろな”新しい”が始まる9月。体調を崩さないようにがんばります!

旅行の写真たち

P1020108

生まれてはじめての花火を楽しむ3人

BlogPaint

地元のお祭り。酒を注がれて大喜びの旦那。4人とも浴衣を着ました。


IMG_0251

ヨーヨー釣りが大好きな絵里佳

IMG_0312

新調のサングラスでご機嫌な旦那。日本海は美しい~

IMG_0300

鳥取砂丘へも行きました。暑いよ~

IMG_0314

カランコロン城崎温泉外湯めぐりは楽しい。

IMG_0347

天の橋立へも行きました。

IMG_0485


子供に戻ってこんなこともできちゃいます。壊れなくてよかった~

IMG_0438

暑くて、暑くて、タオルや手ぬぐいが放せません!

IMG_0512

3週間の旅をサバイバルした絵里佳。またまた成長したようです。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

セミナー開催のお知らせ

今度の日本行き。ゆっくりしようと思っていたけれど、やはりじっとはしていられない私。

NPO法人楽患ねっととなごみの和の共催で、横浜で半日セミナーを開くことになりました。参加費用は無料。看護師に限らず、ホスピス緩和ケアに携わる職種ならどなたでもOKです。

 

日時:8月26日 木曜日 13:30から16:30

場所:横浜市不老町地域ケアプラザ 3階 多目的ホール

(横浜市中区不老町3-15-2 電話045-662-0161
 ※JR関内駅より徒歩8分、市営地下鉄伊勢佐木長者町駅より徒歩

定員:30名

内容:

1)ケーススタディ

グループて事例検討に取り組みます。決められた時間内に効果的に意見交換を行い全人的な治療計画や指針をはじき出す。年齢や職歴、職種にかかわらず患者の立場に立って何が必要なのかを考え、チームの中で積極的に話し合えることを目的にしています。

2)リフレクティブエクササイズ

ホスピス緩和ケアでは自分をみつめるケアでもあると思っています。忙しい業務の中で流されがちな医療職。振り返りもしくは自分をセンターに戻すことは 大切です。これを目標にしています。



参加希望者は職種、ホスピス緩和ケアの経験歴を記入の上、楽患ナースへメールを送ってください。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

あと一ヶ月をきりました

あと一ヶ月もしないうちに日本。日本での買い物リストを作ったり、ドライブ旅行の詳細計画を立てています。暑い日本でひそかにやせることを期待して。

前回の帰省はセミナーで実家に少ししか滞在できなかったので、今回は3週間のんびりしようと思っています(最後の一週間はドライブ旅行)。特に講演やセミナーの予定もなくのんびり、、、しようと、、、。でもせっかく帰るのになんだか寂しいな~と思う気持ちも半分。医療職だけでな一般の方やボランティア団体だって、、、ホスピス緩和ケアについて語りたい!て、これって仕事病ですかね

さてさて、南江堂出版の”がん看護”7-8月号に私の執筆が掲載されています。今回はカナダBC州の看護事情。次号はカナダBC州のがん緩和医療事情です。海外で看護の経験を積みたいと思っている方是非購読してみてください

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ