ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

バンクーバー

二つの楽しみ

一つ目は今週の金曜日に佐渡島の”鼓童”を観にいくこと。今回は子供たちも行きたいというので家族全員での鑑賞。子供は全員ドレスアップのため鏡の前でにらめっこしている。私は何を着ていこう。やっぱり着物かしらね。

二つ目は来月バンクーバーで開かれるホスピス緩和ケアのカンファレンス。北米のカンファレンスなので大規模だ。仕事がすでに入っていたので、最終日しか行けないがしっかり吸収したいと思う。日本から直行便でふらっといかがでしょうか?詳しいことはこちらで。来られる方がいらしたら、声をかけてくださいね。リンクしたページをスクロールダウンすると、最新のバンクーバー観光局のビデオが見れます。四季を通して美しいバンクーバー惚れ惚れ。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

またひとつ年をとりました

先日42歳になりました。そして今年もしっかり祝ってもらいました。恒例のバンクーバー一泊旅行デート。ウフッこれに限ります。

お泊りはCoast Coal Harbour Hotel. 同系列のデンマンには泊まったことはあるけれど、ここは初めて。日本領事館の前。いつの間に建てたんだろうと、と思うほどコールハーバーは変わっていた。最上階の部屋から眺めながら昔はここ鉄道の最終地点とと工事現場じゃなかったかな~と。カナダへ来て12年もたった。オリンピックもあったから私が来たころに比べてずいぶん変わったな、としみじみ思った。部屋からはスタンレーパークやノースショアが見える。天井から床までガラス張り、目の前をさえぎる高層ビルディングもなく、ため息が出るほど素敵だった。どこにも行かずここにずっといるだけでも楽しいかもと思いながらホテルをでる。

そして向かったところがCirque du SoleilKoozaを観に行きました。楽しかった~子供のころ一度観たことがあるサーカス。大人になってもやっぱり楽しい。ハラハラしたり驚かせたり(ウエブサイトにいってみたら、ぜひみてもらいたいのがWheel of Death.車輪みたいな枠の中でジャンプするの。中でさえはらはらしたのに車輪の外でジャンプされると、こっちもひやひや。ケーブルも安全ネットもないんだもの。くにゃくにゃの体を持つ3人の女の子は10、14、15歳だって!空中ブランコの子は熟女だと思いきや17歳!若いね~6歳のときにここにやってきたのだそうだ。ここではちゃんと子供たちは学校にも行って、それから練習に励むとか。ステキな寮もあるんだって。全世界から参加している人たち。すごいね~)笑わせてくれる楽しい時でした。プロのショーマンシップというのは本当に見ごたえがあるものだと感心。子供たちを連れてきたら喜ぶだろうな、来年は家族できてみようか、とも思った。気に入ったので子供たちのお土産にDVDを買った。




夕食は私のリクエストでデンマン通りにある金魚。しゃれた居酒屋ブームのバンクーバー。その中でも一番人気のここ。最近ここの坦々麺にはまって、、、、。いろんなお酒を飲みながらおなかがはちきれそうになるまで食べた。ホテルまで歩いて帰ろうとコールハーバーのシーウオールをテクテク。潮風が気持ち良い。素敵なヨットや大型の船を見ながらホテルまで夜の散歩。

朝はゆっくりしてルームサービスを頼み素敵な景色を眺めながら朝食。このホテルはチェックインは3時でアウトは12時。値段もお手ごろでぜひチェックしてみて!BBQランチパーティーの予定がなければ、きっとプールでひと泳ぎしたりしてなかなか帰宅しなかったかも(後ろ髪を引かれるような思いでパーティーへ)。

毎年ながら素敵なデートを計画してくれる旦那に感謝感激。そしてそれに協力してくれる子供たちにも感謝。今年も充実した一年を送るぞ~

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

ソルトスプリング島旅行

毎日勉強ばかりしていても効率が下がってくるばかりなので、休憩をかねてブログのアップデイトを。

ソルトスプリング島へ11年の記念旅行で行ってきました。フェリーでバンクーバーから1時間半。とてものんびりできました。何人か日本人観光客に出会い、知らなかったのですがソルトスプリング島って日本でひそかな人気を上げているところなのですね。

私たちが宿泊したB&Bは島の北西部にあり、ベッドルームからは海とバンクバー島が見えて夕日がとてもきれいだった。日に当たってキラキラ光る海と島々は瀬戸内海を思い浮かばせた。

IMG_1574ここの
BB食事がとってもよかった。これは2日目の朝食。スモークサーモンとクリームチーズのベーグルサンド、ラムのソーセージにスクランブルエッグ、ポテト、マッシュルームとトマトのベイク。かごに入っているのはねぎとチーズのスコーン。熱々で美味でした。この他にも2種類のペイストリーがあり、フルーツとヨーグルトのパフェもあった。IMG_1579一日目の朝食はベイクドグレープフルーツが最初のコース。え!て思ったけれど熱々になったグレープフルーツが膨らんで口の中にジュースがいっぱい広がるおいしさ。エッグベネディクトもすばらしかった。もちろんキャロットケーキにブルーベリーマフィンとすべてが焼きたて作りたて、演出も抜群、景色もばっちりと大満足。何でもオーナーは元レストランのシェフだったとか。

土曜日は恒例のガンジーでのマーケット。残念ながらの雨降りでお店は平常より早くに閉店してしまったけれど、気に入ったアクセサリーを買い込む時間はちゃんとあった。あとはドライブをしながらビーチを訪れたり、チーズ作りをしているところで試食、チーズの買い込み。鶏やドンキーヤギを見て喜ぶ絵里佳。


IMG_1569

ビーチで気に入ったのが
Beddisビーチ。この島では珍しく岩のビーチではなく砂浜に近い砂利浜。ヨットが行き来するのをログに座ってのんびり眺める。ビーチで食べるランチはおいしい。

IMG_1563

これでワインを開けることができればもっと最高。でもカナダでは公共の場でアルコールを飲むことは許されていないので我慢我慢。
B&Bに戻り夕日を見ながらワインを開け買ってきたばかりのチーズを楽しんだ。公園ではなんと絵里佳と二人で花輪なんてものも作っちゃいました。


IMG_1566

州立の公園の岩場からはガルフアイランズを行き来するフェリーを眺め、マックスウエル山頂からはバンクバー島そしてアメリカワシントン州のオリンピック半島を眺めた。

IMG_1583

ドライブして思ったけれど、道端で無人販売で卵や農作物、手作りのジャムを売っていたり、ヤギや羊の農場ののんびりした景色。芸術家がたくさん住んでいるといわれている島の理由がなんとなくわかる。


IMG_1572

帰りのフェリーは他の3島に寄港したので3時間半もかかった。ガルフアイランズと呼ばれる島はソルトスプリング島だけではない。他の島もいつか訪れてみたいと思った。今年一年も二人にとって良い年になりますように。11年たってもラブラブですわ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ