ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

マスメディア

福祉国家

カナダは医療と高校までの教育が無料なので、福祉国家と思っていた。税率も高く(収入にもよるが所得税は38%もつく)。生活補助を受けて生きている人もたくさん見受ける。定職にも着かず、ぶらぶらしている若者から壮年期の人たちを見かけることが多いので、”いたせりつくせりの国だから、働かなくても生きていける”と、努力しない人が多いのよ。そういう人に税金が使われて、間接的にお世話をしているみたいで正直いやだった。

昨今は医療費の増加、財政困難によりアメリカのように医療をプライベート化しようという話が頻繁に騒がれている。それに医療費削減の波は刻々と国民を襲っている。例えば訪問でジョクソウの包交に使用する物品は訪問看護師が持参していたが、今は2週間立つと患者が購入して準備しなければならない。もちろん全員が対象になるわけでなく、経済的理由があれば免除になるのだ。低所得者にとっては変わりはないがそれ以上の国民にとっては大きな違いだ。救急車の利用も自宅から施設(病院など)は以前より料金の請求があったが、それ以外は無料だった。ホスピスに入院している人が緩和目的で放射線療法を救急車を使って通っていた。しかしこれも患者へチャージさせるようになった。少しずつ静かに無料サービスがなくなってきている。

医療の有料化は医療費削減につながるのか? 有料化によって低所得者の医療へのアクセスが妨げられ、国民全体の健康指標が下がるのではないのか、という考えもある。医療というものを歴史的観念、公衆衛生の観念、社会哲学の観念、政治の観念から視察するとどうなのか、ということを大学院で学んでいる。文献から学ぶことは多い。統計学的にみても大変興味深い。

例えば、健康指標といっても平均寿命を使うこともあれば、新生児の生存率を使用することもある(他にもいろいろな指標がある)。発展途上国と先進国と同じ指標で比べても因果関係が浮き彫りにならないこともある。何を何の目的に比較しているのか注意しなければならないが、なるほどと感心するものがあるのでここに例としてあげてみたい。

例えば平均寿命の長さでは日本が一位だ。カナダはスエーデンの次で7位。巨大経済大国のアメリカは30位となる。しかし国民一人当たりの医療費の支出はアメリカがダントツの一位でカナダはカナダは5位、スエーデンは14位そして日本は20位だ(この結果は年度やどの機関が調査したかによっても多少の違いはある)。面白いことに費用と平均寿命は反対比例のようになる(先進国の間では)。アメリカの経済大国の名は誰もが知っている。しかし貧困層と高取得者の比率を比べるとこれまたアメリカが一番になる。福祉大国の北欧諸国は社会福祉費の高さで有名だ。そしてこれらの国は貧困の差が少なく健康指標も良い。雇用率、福利厚生、教育、犯罪率などで、アメリカ、カナダ、スエーデンと比べると、ゴールドメダルの多さはスエーデンがダントツだ。政治の傾向、社会福祉費の割合を比べると、カナダはお隣のアメリカの横に位置され、イギリスはカナダのお隣だ。とても驚いた。カナダは福祉国家の北欧からはとても離れた位置にいるのだ。

カナダの医療は無料だ。しかし病気になった時に援助してもらえる(生活に関して)額は低く、システムも手厚くない。国民の健康が基盤になっている国で長期的に健康がなくなると(病気になると)低所得者になってしまう図式が出てくる。日本のように生命保険に加入する人はとても少ない。”働けなくなった時”を真剣に考えている人はどれくらいいるのだろうか。マスメディアに踊らされず、国民すべてが真剣に考えなければならないことだと思う。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

外から見た日本

私たちが帰省するとき母はいつも朝日新聞英語版を旦那のために注文する。毎日英語で新聞が読めて旦那は大満足。母の心遣いにはいつも頭が下がる。

で、帰省のたびに旦那から浴びる質問、質問。いつも「どうして日本は、、、」と質問が始まる。例えば、どうして日本の警察は公判に入る前に多くのの情報を新聞に流すの?カナダでは事件の詳細はメディアに流れない。事実は当事者しか知らないことだから公判時の論点になるからだ。それなのに新聞には動機や使用された品の大きさや形、時間、被害者がどんな姿で発見されたか、どこで見つかったのかなどなど。それに加え「全面的に犯行を認めている」と被告が犯罪を認めるなんて信じられないと言う。旦那は弁護人はいないの?不利になるような発言は控えるように示唆されないの?と。そう言われればそうだ。おかしい。罪を犯した人でも法の基に公平に裁かれるべきだ。検察側と弁護側の公平さがあってこそ成り立つことだ。しかしながらマスメディア、もしくは社会からのプレッシャーでその公平さが維持されているのだろうか、と思う。

日本で亡くなった外国人の死亡の例があった。彼は裸で発見され、その内容が新聞に翌日報道された。裸で発見されたことで覚せい剤の使用やいかがわしいことをしていたなどその友人にとっては根も葉もないことを書かれたと感じたそうだ。白人にとって裸で寝ることは日常的なことで、異常な行為ではない。その情報が新聞に載ったのは詳しい捜査が行われる前だ。個人のプライバシーの侵害などのセンスも薄いと旦那は感じている。カナダでは人権を重んじる国なので、公開して良い内容とそうでない内容など警察個人の判断では流出できないようになっている。

外にでて改めて思う。先進国として他国と同様の刑法や刑事訴訟法があるのにマスメディアが絡んで公平さを失っているような、そしてそれを不思議だと思わず過ごす国民。125年前に明治維新に関わった人たちが今の日本をみたらいったいどんなことを思うのだろうか。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ