ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

募金活動

義援金、支援金、募金活動

被災した方にお金が届きますように。阪神大震災の時にも注目されたが、長期の支援の大切さ。がんばるTシャツの発起人Shinjiさんはそこのところを考えてこの企画を始められました。話せば話すほどShinjiさんの被災者の方への細かいお心使いが伺える。

時間がたって阪神のことが忘れ去られた、東北にはそうなって欲しくないと、身につけることができるTシャツによって何ヶ月たっても、何年たってもまだまだ苦しんでいる方がおられることを思い出して、自分でできる範囲で活動をして欲しいと。売上金が一時的な支援金につながることが唯一の目的でないこと。デザインは人が立ち上がっているのは背中側、手を握り合っているのは前側になるデザイン。被災地の方にとって多くのものをなくし、心を奮い立たせても立ち上がれない悲しさ。そういう方々にとってはこぶしを握りしめて立ち上がっている姿が全面に出るのははつらすぎるのでは、そういうデザイン直視すると心の傷が深くなるのではないか、と。被災そして支援された方がだからこそわかる心配りだと思う。Shinjiさんはカナダや地元だけのものではなく世界中の人に支援の輪(和)が広がるように世界中にTシャツを売ることを目標に入れられています。

ShinjiさんはTシャツ業者の方ではありません。これに乗じて儲けをしようとしている方でもありません。Tシャツ販売にいたってそういうことが末端で起こらないようにするには、どうするべきか基本的な枠組みも作っておられます。中心的に活動されている方は56人いるそうです(グループリーダーになったくせにまだ一度もミーティングに行っていない私)。注文、お金の管理、流通、広報などなどやるべきことは山済みだけれど、少しずつ進歩を遂げられています。無償で自分の時間をたくさん費やして、本当にがんばられておられます。私と旦那も力になるようにPDFのチラシや注文用紙の作成。各学校、団体への協力要請書などの作成をしました。販売活動も数箇所で計画している。今期の勉学が終われば本格的に活動を始める予定にしている。

カナダではもう地震のニュースは聞かなくなりました。しかし東北地方では仮設住宅の建設の遅れなどから、まだまだ避難生活を強いられている方が大勢おられます。義援金、支援金、募金活動が一時的なものにならず、息の長い長期的なものになりますように。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

涙ぼろぼろ

としてしまった。テレビを見ない私だが夜勤明けで疲れていてソファーにゴロンとなった時放映されていたのでついつい見てしまった。テリーフォックスの希望のマラソンの映画 "Terry"

一年に一度学校をあげて(というより国全体で)盛り上がるテリーフォックスラン。それにあちこちでみられる銅像。話は聞いていたがこんなにすごい人だとは知らなかった。

18歳の時、骨肉腫により右足を切断そして化学療法。入院中に出会った小児がん患者たち。カナダのがんリサーチに対する投資の低さ。彼はカナダ横断マラソンを義足で行いがんリサーチの募金を集めることを決意。22歳、1980年4月に彼は東海岸セントジョンを出発した。毎日フルマラソンに近い42kmを走り、がんの肺転移が見つかり治療のためマラソンを中断しなければならなかった。143日間に走った距離は5.373Km(半分をちょっと超えたところ)。集めた募金は1.7億ドル。彼は化学治療のあとマラソンへ復帰しカナダ横断を終了する予定だったが、8ヵ月後永眠された。

彼の死後も彼の思いは今も引き継がれ、テリーフォックスランは50ヶ国も参加して行われる大きな募金活動となった。これまでに集まった募金は500億ドルにも昇る。そして今年は30周年記念となる。

バンクーバーオリンピックのオープニングセレモニーでオリンピック旗を会場に運んだ一人がテリーのお母さん。テリーはカナダ勲章や数々の表彰を受けている。

映画は涙なくしてはみることができませんでした(もともと涙もろいのですが)。終わってからインターネットでサーチしてもっと感激。一人の人間がここまで人を動かすことができるなんて、と人間のすばらしさに感動した。

日本語のウイキサイト

英語のサイト

テリーフォックスファンデーションのサイト。ここでいろんなビデオクリップがみれます。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ