ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

地震

義援金、支援金、募金活動

被災した方にお金が届きますように。阪神大震災の時にも注目されたが、長期の支援の大切さ。がんばるTシャツの発起人Shinjiさんはそこのところを考えてこの企画を始められました。話せば話すほどShinjiさんの被災者の方への細かいお心使いが伺える。

時間がたって阪神のことが忘れ去られた、東北にはそうなって欲しくないと、身につけることができるTシャツによって何ヶ月たっても、何年たってもまだまだ苦しんでいる方がおられることを思い出して、自分でできる範囲で活動をして欲しいと。売上金が一時的な支援金につながることが唯一の目的でないこと。デザインは人が立ち上がっているのは背中側、手を握り合っているのは前側になるデザイン。被災地の方にとって多くのものをなくし、心を奮い立たせても立ち上がれない悲しさ。そういう方々にとってはこぶしを握りしめて立ち上がっている姿が全面に出るのははつらすぎるのでは、そういうデザイン直視すると心の傷が深くなるのではないか、と。被災そして支援された方がだからこそわかる心配りだと思う。Shinjiさんはカナダや地元だけのものではなく世界中の人に支援の輪(和)が広がるように世界中にTシャツを売ることを目標に入れられています。

ShinjiさんはTシャツ業者の方ではありません。これに乗じて儲けをしようとしている方でもありません。Tシャツ販売にいたってそういうことが末端で起こらないようにするには、どうするべきか基本的な枠組みも作っておられます。中心的に活動されている方は56人いるそうです(グループリーダーになったくせにまだ一度もミーティングに行っていない私)。注文、お金の管理、流通、広報などなどやるべきことは山済みだけれど、少しずつ進歩を遂げられています。無償で自分の時間をたくさん費やして、本当にがんばられておられます。私と旦那も力になるようにPDFのチラシや注文用紙の作成。各学校、団体への協力要請書などの作成をしました。販売活動も数箇所で計画している。今期の勉学が終われば本格的に活動を始める予定にしている。

カナダではもう地震のニュースは聞かなくなりました。しかし東北地方では仮設住宅の建設の遅れなどから、まだまだ避難生活を強いられている方が大勢おられます。義援金、支援金、募金活動が一時的なものにならず、息の長い長期的なものになりますように。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

東日本大震災

11日の大地震から3日目になろうとしているが余震もまだまだ続き不安な日々が続いていると思います。遠くから心を痛ませながらニュースやインターネット情報を見ています。

こちらはメーリングリストから回ってきた災害マニュアルページです。

http://www.coe-cnas.jp/keaken/

災害地で慢性病や妊娠中の方もいらっしゃると思います。医療者の方もフル回転で働かれていると思います。ぜひ参考にしてください。

アメリカで働いている日本人ナースプラクティショナーの方々が日本へ応援に出発します。あちこちで募金集めが始まりました。早く被災地の方に届くことを願って。

私が日本人だからと、たくさんの人からメールや電話をもらいました。仕事仲間や旦那の仕事仲間の方まで。私の家族は被災地から離れているので大丈夫ですが、周りの人の温かさを感じました。私の大学では日本人とニュージーランド出身者にたいして特別なカウンセリングデーを開催することになりました。

こういう時こそ心のケアが大切です。被災地の方に、そこで働いている方たちに心のケアがいち早く届きますように。

バンクーバーもリングに乗っかっています。数年前のシアトル地震で少し揺れたのが最後でしょうか。いつかここにも大規模な地震が来ると言われています。先日のニュージーランドの地震で旦那はすべての家具を地震転倒防止のため固定しました(食器棚などのロックはまだつけていませんが)。それから我が家は被災道具は揃えてありましたが、今回の地震を機に被災用の水と食料も準備することにしました。賞味期限切れがわかるようにチェックリストをキッチンに書き込みました。使う必要がないことを願って。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ