ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

大学院

カナダへ来て看護師になろうと決心して、TOEFLがパスしないとなれなくて、何度も挑戦して何度も落ちてつらい時期があった。周りから英語できるのに、どうして点が伸びないのかな?緊張しすぎなんじゃない?と言われていた。落ちれば落ちるほど緊張してしゃべれない、、、。これを突破しなければ先には絶対に進めない。横道もないまっすぐな道の大きな壁を前にして泣いていた。

今、同じ気分。

実は昨年5つ面接に落ちている。こちらの面接は面接官が24人いて回答を点数付けていく。点数を高く取った人が選ばれるのだ。だからどれだけ面接で質問されそうなことの下調べをして、面接中に自分を発揮できるかが大切なのだ。以前MIXIで外国で働いている人のコミュでこんな話があがった。日本人は90%から100%技術を習得するとその仕事を”できる”というけれど、北米人は50%程度できれば”できる”と言う、という話があった。それをまさに痛感する。面接は張ったりでも何でもべらべら喋り捲った(要点はついていなければならないが)方の印象がよくなるー>点があがる。ようは仕事ができなくてもできると言い切れる人や、うわべでもしゃべれる方が勝つのだ。

自分より仕事ができる人が仕事をとったのなら、私も満足するけれど、何ヶ月たっても50%の仕事もできていない人が選ばれたかと思うと、腹が立つ。狭い世界で働いているので見たくなくてもそういう後結果を知ってしまう。とても心によくない。

私を知っている人は”仕事ができるのに、仕事取れないね”と言う。英語が第二言語だから人一倍がんばりを見せないと対等になれないというのは十分に承知だ。つらいニュース(とってもらえなかった)を聞くたびに、自信をなくしていく。それでもマネージャーたちはあきらめずにどんどんアプライして面接慣れしなさい、と言う。でもTOEFLと同じように逆方向に行っている。2つの面接で面接官になった人が、前回よりずっと自信のないのが現れていたわよ、とまで言われた。今月末に面接がある。仕事関係ではなく大学院関係だが不安で不安でたまらない。

そんな時に大学のペーパーの結果が返ってきた。史上最悪の点。自分の英語能力の限界を感じる。”落ちなければいいのだから気にしない!”と言う人もいる。しかし学ばなければ大学院へいる意味はない、と思ってしまう。夢ばかり見ていて現実を忘れてしまっているのか、私は柳に飛びつこうとしている惨めなかえるなのか、、、。ひどい落ち込みだ。

旦那はそんなに何でもかんでも簡単にできてしまったら、楽しみもないよ。試練を乗り越えるから喜びも大きいんじゃないの?と言う。チャレンジ好きの自分の性格は承知している。しかしここまでのチャレンジは望んでいない。大学院なんてあきらめて、今の仕事で満足して(楽だし、楽しいけれど、チャレンジのある仕事がしたい)いれば、ストレスもなく子供たちともたくさん時間が過ごせて気楽なんだろうな~、と辞めてしまえ!なんて気持ちがわいてくる。行くところまで行って開き直るのも手かな~。心が強くないとこの国では生きていけない、そういうことかも。もっと若かったら、英語がもっとできたら、欲張りな気持ちは止みません。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

記憶力

あ~今期の大学院でのコース、、、。難しいったらありゃしない。倫理だけならともなく医療制度を政治の視点から切るって、それも論理の部分なんて何度読んでも理解に難解したのだ。少し具体的になってきたのでわかりやすくはなってきたけれど、リーディングの重さと多さに閉口気味だった今月。

次第に机の周りには開けてもいない手紙が山積みになり、整理整頓したはずの机も空いているスペースを探すのが難しくなってきた。いろいろなことが後回しになって、1月からはじめた仕事の書類手続きも完成していない。やらなければならないことに追い立てられるのは神経的にかなり悪い。

今日は仕事のコンピューターラボで新しいプログラムのセミナー。昼休憩中には毎年義務のマスクフィティングテストへ行き、そのついでに予防注射もさせられ、休憩は終わり。あわててクラスに戻って昼ごはんを急いでかけこみ昼の部門へと。セミナー中に時間があればメールの返信をしたり、大学のオンラインディスカッションを横目で読みながらと、モルティタスクの一日だった。こういうことを続けると集中力がなくなり(そりゃあひとつのことに集中せず二つ三つと同時にこなしているので、ひとつのことには集中していないよね)、記憶力が低下するとか。

で、父と電話で話していて今夜気づきました。母の誕生日をすっかり忘れていたことを。初めてだ。月初めには何を送ろうかな~まだまだ時間があるし、と思っていた。母は外出中で、私の落ち込みようと言ったら、、、、。絵里佳にまで、ほらママ私のカレンダーにはしっかり書いてあったのに。ママは忘れっぽいからちゃんと私のカレンダー見てね、と言われてしまった。手帳にカレンダー、携帯とあちこちに入れていても忘れてしまう。買い物リストを作っても、持って行くのを忘れてしまう、なんてざらだ。旦那にスローダウンしなくちゃ、と肩をたたかれた。働きながら学校へ行く母親業は、、、、身が削れます。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

オリエンテーション一週目

訪問のオリエンテーションの一週目が終わった。訪問がプライベート化されているオンタリオ州とは変わりBC州ではまだユニバーサルヘルスケアシステムの一部。だから雇い主は今までの病院系のと同じHAだ。

訪問は慢性期と急性期に分かれていて、私が配属されたのは急性期。患者は緩和、じょく創、在宅点滴の患者だ。割合は3分の1ずつ。緩和の経験が豊富ということで、普段のオリエンテーション期間4週から3週へダウン(2週とまで言われたけど、伸ばしてもらった。せっかくつけてもらえるオリエンテーション。最大限活用したいものだ)。緩和は大丈夫とただひたすら訪問でのじょく創のケアについて学ぶ。コンピュータープログラムを使用して観察記録をするので、ホスピスや病院でやっていてた時よりずっと効果的に思える。それにホスピス緩和で働いている期間が長いので、治っていくじょく創を見るのは感動さえも覚える(ホスピス緩和は悪くさせないが目標になるので)。

ポイント制で1ポイントが15分。一日の仕事の割り当ては15-20ポイント。例えばただのじょく創のガーゼ交換は3ポイント(45分)。難しいものや緩和系だと4ポイント(1時間)となる。電話相談だけだと1ポイント。緩和の電話は2ポイント。この時間には看護そのものと記録や準備の時間も含まれている。緩和はその難しさからポイントが高く設定されている。じょく創がなくても一回の訪問に最低でも4ポイント(1時間)つけられている。

朝8時に仕事場へ行き、自分の割り当てを知り、カルテをもらい、一日の計画を立てる。必要なものを車に積み込み9時半ごろにはオフィスを出る。4人から7人ぐらいの患者の家を回り、昼過ぎにオフィスに戻り、記録をして4時半に帰宅、という具合だ。

CRNとしてコンサルタントチームにいた時は、訪問の看護師さんをサポートしていたのでなんとなくは知っていたけれど、一からきっちり教わると細かいことを理解することができるので、この仕事を取ったことをうれしく思う。

オフィスは高層ビルの上階にあって眺めがとても良い。車を仕事に使うということで、高いオフィスの駐車代も完全負担だし、もちろん走行距離に相応したガソリン代も出してもらえる。車の保険の一部も負担してもらえる。鍵つきのかばんやら携帯電話、カメラやいろいろなキットも配布され、一人ひとり自分のデスクももらえる。病院系とはまったく違いゆったりした環境だ。

患者さんも”家にわざわざ来てくれる看護師さん”として暖かく迎えてくれる。一人で家を訪れる看護師の安全も細かく守られているようだし、今のところ順調といったところだ。

今週から始まった大学院の方は今回もまたもやオンラインでできるコースを取った。看護倫理と政治だ。ペーパーは3つも書かなければならないのでそれがつらくなりそう。でも内容はコアコースの割りには興味が持てそうだから、楽しめるかな?

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

口頭弁論

失礼しました。すっかり忘れてFireFoxを使ってしまい、Exploreユーザーの方の閲覧が不可能でしたね。再掲です。


博士課程の生徒が口頭弁論をするというので、見に行ってみました。こういうお知らせは頻回にくるのだが、一度も行ったことがなかった。昨年は学校と仕事と家庭でアップアップの状態で余裕がまったくなかったので、エキストラなことをする気にはなれなかった。で、今回の学生さんがん患者の治験にまつわる自主的な参加性を倫理的な側面から研究するということで興味深かった。学校に行くのは久しぶり。今期はオンラインのコースを取っているので大学へ通う必要がないからだ。

渋滞でイライラするより、ゆったりバスに乗って読書でもしようと早くから出かける。雨降りだったのに太陽まで出てきて、紅葉した木々がとても美しい。早く着きそうだから、ダウンタウンに住む義理の弟でも誘ってランチへ行くことにした。おしゃべりとおいしいインド料理を楽しみ時計を見てギョ!遅刻だ。あわててバスに飛び乗り大学についてからは猛ダッシュ。もちろん遅刻。行ったことのないビルディングで行われているため、入り口さえもわからない。ようやくたどり着いて潜り込む。パネラーの教授が3人。聴講者が一人と寂しいもの。この学生さんの緊張感がひしひしと伝わった。質問が始まった。かなりの辛口評で、どこまでも突き詰めていくのね~としみじみ。しかし臨床とは違いもっと大きな視野で現象を見詰めている奥行きさがあった。それにあんなに嫌っていたリサーチの授業。そのおかげで討論の内容が理解できる。できはいまひとつだったけれど、学びはあったのだ、とちょっとうれしくなった。

もう一人の聴講者は博士課程に入ったばかりの学生さん。メモ帳はほぼ白紙状態。きっと興味のない分野なのだろうな、と思った。で、急に振られて自己紹介と質問は?ってマスターの学生でこれが初めてです。質問はありません、と本当は質問があったのだけれど、最初から聞いていなかったので控えてしまった。勇気のない私。自己嫌悪。しかし教授の一人にマスターのうちから来てくれるなんてうれしいわ。参考になったかしら、とやさしい一言。いつかこういうアカデミアの一員になれるのかね~なんて夢みたいなことを思ってしまった(臨床が好きなくせに)。3人の教授と学生といっても討論は白熱で、とても面白かった。ナショナル、インターナショナルなレベルで看護事象を討論するんなて、とてもハイレベルな世界に身を置いている気がした。

遠いところへ来たもんだとも思った。日本で大学院へ行っていたら、また一違いするだろう。こちらで看護師になって、臨床で働いているだけだったら、こんな大きな世界を知ることはなかっただろう。新しいホスピスでオープニングスピーチを引き受けたことから、認められるようになって、昇進、そして進学にまでいたった。日本人として、英語が苦手なものとしてどこまでいけるのだろう、と不安に始めた昨年。そして今。どんどん世界が広がっていることをしみじみ思ったのだ。

IMG00039-20101027-1601
帰りに、大学の構内で

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

そして再び、、、

大学院が再開。2年目が始まりました。今期と次期はオンラインだけのコースを取り、大学まで通う時間を節約。

それも今期はサイコソーシャルオンコロジー!と自分のクリニカルに一番役立つ(意欲が増す)科目。得意分野だし楽勝~なんて思って、早くから送られたシルバ スにも目を通さずに、日本をどっぷり楽しんだ私。ただいま付けを払っています。週一行われるオンラインのクラスは希望日に入れず、相変わらずのリーディングの多さに吐き気をもよおし、フルタイムの新しい仕事を引き受け、いったいいつ勉強するのだろうか?!と頭を抱えています。

早くから取り掛かるって大切ですね、、、。毎回反省です。ブルドーザーのように無理やり押し切る自分が目に浮かびます。はは

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

初の奨学金

をもらっちゃいました。本当は大学院が始まる前から申し込まなければならなかったけれど、忙しさに後回しにしているうちに、一年が経ってしまった。前回のクラスでクラスメートがどれだけ奨学金をもらっているか聞いて驚き。簡単にもらえるよ、と。大事なことは申し込むことって。当たり前か、、、、。と重い腰を上げて労働組合の奨学金に申し込んでみました。で今日手紙が届いて、$1500ドルと書かれていました!一期の授業料にも届かないけれど、助かります。これを機にもらえそうな奨学金の申し込み期限をチェック。カレンダーに丸をして逃さないように、、、と準備をした。

職場からももらえるはずだった。しかし昨今の経費削減で一番先に切られたのがこの奨学金制度。まさに私が大学を始めた2009年からだ。がっくり、、、。フルタイムで就学していればもっと申し込めるところが増えるのだけれど、、、パートが精一杯で、、、。ま、貧乏学生生活には程遠い暮らしをしているわけで、職場からお給料もしっかりもらっているわけで、文句をすることは許されず、、、。

労働組合様様ありがとう、、高い会費を預けているわけだから、うれしいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ