ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

妊娠

こそこそ

親に隠れてなにをこそこそしてるんだ!なんて言葉は珍しくない日本。でもコソコソせず堂々とオープンすぎるのはどうでしょうか?

うちのお嬢様は昨日で17歳になりました。高校2年生です。ママの家から我が家に引越しして1ヶ月あまり。カルチャーショックの連発です。4ヶ月付き合っている彼がいます。地元の子ではなく車でハイウエイを飛ばして1時間のところに住んでいる子です(友達の友達で知り合ったとか)。週末になると長距離バスに乗ってお互いが行き来するというなんともけなげな関係で、彼は一生懸命バイトをして自分で車を買ってもっと頻繁に会えるようにしたい(16歳から免許は取れますから)とバイトにもせいを出している(AJはバイトを探している段階)のです。

で、先月彼女から避妊薬を買って欲しいと言われました。こちらでは妊娠防止には経口避妊薬が一番の選択です。コンドームは成功率が低く、どちらかというと性病防止という役目が強い(使用方法の教育が不足していると個人的は思うのですが)。避妊薬は保険外になるので高いです。オールAを取る賢い子です。避妊薬についてインターネットでよく調べて副作用など承知の上で飲みたいと。彼とそろそろかなと最近ずっと話し合っていて、彼の父親は彼のためにコンドームを買ってきてくれた、だから私たちの役目は避妊薬を買うことだ、と彼女はきっぱりと言うのです。そう堂々と話せることが理解できませんでした。私が日本人だからわからないのよ。こっちじゃ当たり前だわ、って。そういう理由で私を説得さすことはできません。長い話し合いの末自分のお小遣いで買いなさいとつき返しました。GPのところへママが連れて行ったらご親切に2ヶ月分の試薬までもらったそうで。すぐ飲むとわざわざ報告をしてくれました。

そしてその次は自分の誕生日だから彼の家に2泊していいかと聞かれました。避妊薬のことを父親まではっきり話したその上にこれか?!ときっぱりだめと言いました。そうしたらまるでロミオとジュリエットになったようにおいおいと何日間泣き過ごしたでしょうか。そしたら論文のように長々とこれは不当だと、手紙までいただきました。泊まると言っても彼の両親もいるし、部屋は別々だし、家が古くて床がきしむから、親の前でこそこそ密愛はしないとまで書かれていました。じゃあどうして避妊薬が必要なのか~!と鼻で笑うほどあきれてしまいました。

私はセックスを反対しているではありません。人間として愛し合っていれば当然の行為だと思うからです。でもまだ精神的にも経済的にも自立をしていない子供が、堂々と公言することなのだろうか?もちろん避妊は大切です。望まれない子供の出生ほど悲しいものはないから。でもそういうイッチョマエのことをするのなら、自分で自分の行動に責任を取れるようになって欲しいと思う。お金を出して欲しいとか、許可を親からもらわないければならないのなら、最初からするな!と言いたい。私としてはこそこそしてもらった方がずっと気楽だとも思う。それだったら真に自分の行動に自分だけで責任と取っているから。

結局お泊りはあきらめたが、本当に難しいと思う。文化が違うの一言では片付けられない。ちなみにブログに載せることも許可つきです。ほかの日本人ママがカルチャーショックにならないように教えてあげたら、だって!いったい最近の若者の思考過程がわかりませんわ。私の両親も同じようなことを思ったのかね~

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

若年層の妊娠

AJBrodyYear Bookで驚いたこと。赤ちゃんと一緒に写真をとっている子の存在。そこには母になった喜びが書かれていた。

母になる喜び、、女なら誰しも感じることだろう。しかしこの子は高校生だ。AJによると現在妊娠中の子は二人もいるとか、、、。妊娠をしながら高校へ通う。日本なら考えられないことだ。

統計によると、カナダのティーン(15-19歳)による出産と中絶の比率は1000人に対して15-19人(27.9)。ほかの国と比べると、スェーデン(31.4)イギリス(60.3)アメリカ(61.2)。アメリカとイギリスの多さはダントツだ。日本は出産しかデータがないが1000人に対して4人だ。

カナダの比率は年々着々と下降している。1974年の調査結果は53.9%だったのでずいぶん減少したものだ。避妊薬と中絶が合法化されたのが1969年。妊娠率は減っても性交による感染症の率には変化がないとか。コンドームを使わない避妊が多いことをうかがわせる。旦那に聞いてみると、旦那が高校生の時クラスメートが妊娠してした。妊娠相手の男の子は責任を取り結婚をしたとか。親たちは「責任」をとることのできる二人を祝福したと聞く。しかし家族を養うために男の子は退学。その人はたちはその後どんな人生を送ったのだろうか。親も子供も幸せだったらそれで良い。しかし自分が誰かを模索するのがティーン時代だと思う。若年層のシングルマザー、離婚率などを考慮すると幸せに家族を築くカップルが少ないことを実感させられる。

中絶が合法化されても宗教的に中絶を許さない文化が強いカナダ。中絶することより出産することをサポートしている。だからか高校で堂々と母になった喜びを語れるのだろうか。私は中絶を賞賛しているのではない。中絶による身体的精神的ダメージを忘れてはいけない。大事なことは望まない妊娠をしないことだ。

こういう妊娠率の高さから性教育は早くから教育の場で行われている。正しい避妊、性病予防が基本だ。私も何度かAJBrodyと話をした。アクシデント的な妊娠で人生が制限されないように、、、これが私たちの思いだ。さっきの旦那の同級生。彼の母親は”悪い影響を与えてはいけないから”と通信販売カタログの下着のセクションを見れないようにホッチキスで閉じていたとか。そんな母親の努力はどこへやら彼女を妊娠させてしまった。今はインターネットの普及で子供たちはどこでどんな情報と接しているのか、親のコントロールは届かない時代だ。隠すことや取り上げることより、オープンで困ったときに相談できる、そんな親子の関係でいたいと私たちは思っている。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ