ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

旅行

お知らせ

お知らせが来ました。興味のある方はどうぞ。充実した旅行になると思いますよ!

第36回アメリカがん看護学会(ONS)年次総会参加旅行
テーマ:最先端のがん看護の情報に触れることにより、がん医療・看護への見識を深め、グローバルな視野を持つ
日時:4月27日(水)~5月3日(火)
訪問地:アメリカ・ボストン
内容:世界最大のがん看護専門学会への参加 ※各自応相談によるサポートあり(ONS年次総会参加申し込み手続き、サマリーの日本語訳など)
募集人数:10名 ※先着順
募集締切:3月下旬予定 ※以降は問い合わせにて確認
旅行代金:問い合わせにて確認
E-mail:36ons@dense.co.jp
http://www.dense.co.jp/ons/36onscongress.pdf

詳細は以下pdfをご参照ください。

http://dense.co.jp/ons/36onscongress.pdf

猫にも愛情

ハンドルネームで使っているMissyというのは我が家の猫の名前。6年前に避難所から我が家にやってきたMissyは11歳のメス猫。完全な家猫で外へ出たことはない。避難所から引き取ったときにも、外へは出さないと契約書まで書いた。それから、Missyは他の動物との特に猫との折り合いが悪く(情緒不安定になる)、他のペットを飼わないことも約束させられたほどのお嬢様なのだ。

私たちが旅行へ出かけるときは旦那のお姉さんがトイレの始末やら餌を与えに来てくれる。寂しがり屋のMissyを知っているお姉さんは遊ぶ時間まで割いてくれるのだ。で、夏に日本へ行った以来、調子の悪いMissyちゃん。ボケが始まったようで自分の尻尾を追い掛け回したり、うんちをぽてぽてと落としたりしだした。だんだんひどくなり今度はおしっこも家中あちこちでするようになったのだ。

猫好きの同僚に尋ねると、獣医に連れて行ったら?そしたら安楽死させてくれるよ、って。え~~~~~~そんなことは絶対しませんよ!と途方にくれる私たち。で、日本人の犬好きの友達にに尋ねてみたら、市販のペットフードを止めて手作りすると、毛並みが良くなるし調子が良くなるよ、と言われ生の肉や魚を一日一回のウエットフードの代わりにあげることにした(ドライフードを止めるほどは手がかけられない)。そしたら、食べっぷりがぜんぜん違う。それに毛並みがつやつやに!Missyは毛玉以外でも定期的によく吐く子でそれの掃除も大変だったけれど、それもぴたりと止まった。

これと同時に猫好きの日本人の友達にもアドバイスを聞いてみた。今までトイレは二階の子供たちのバスルームに置いていた。でもMissyがおしっこをしまくるのはなぜか1階なのだ。一階はキッチンやダイニングルーム、オフィスとかリビングルームがあるので家族が集まる場所なのだ。そこで、トイレを絵里佳のプレイエリアの隅に彼女のアドバイス通り置いてみた。そしたら、うんちもおしっこもトイレできちんとするようになった。それから、彼女のもうひとつのアドバイス。もっと愛情をあげてと。

MissyはもともとAJの猫。猫をほしがっていた彼女に10歳の誕生日プレゼントとして我が家へやってきたのだ。しかし、そのAJも昨年からママの家で住むことを決めた。ママの家には犬が2頭、猫が2匹いたのでMissyは我が家へ残ることに。一番MissyをかわいがっていたAJがいなくなったことはMissyにとってきっとつらかったことだろう。以前はソファーにごろんとしているとお腹に乗ってきてのどをぐるぐる鳴らしながらしていたけれど、最近は私も旦那も忙しくてソファーにゴロンなんて滅多にしない。それにMissyちゃんのお気に入りのソファーはなくなり(好きなだけ爪を立てて引っかいてくれた)、新しいソファーに買い変わって以来、爪を立てようもんなら、霧吹きでシュッシュと追い立てられ、、、、。猫クッションを買ったけれど、、、、愛着のソファーの代わりにはならないよね~、と振り返れば振り返るほど、接点が減ったな~としみじみ。アドバイスを受けて猫のおもちゃで遊んだり、毛をなでたりするようにみんなでした。そしたら尻尾を追いかけるのも止まった。

あ~猫も愛情が必要なのね、、、としみじみ感じたのであった。ごめんよMissyと家族みんなで謝ったのだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ