ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

柔道

出場決定

甥っ子が3月下旬に開催されるブレーメン国際柔道大会のU17に出場することが決まりました。夏の大会で3位になった彼。本来は一位の選手が出場するけれど、一位の選手は体重増加にともなり階級があがり、二位だった選手は怪我で手術となり、出場権が回ってきたようだ。甥っ子は10月から全日本ジュニアの強化選手にも選ばれて毎月東京での強化合宿に参加していた。まだ中学生というのに合宿で高校生をバンバン投げていて監督の目にとまったとか。

夢に向かってがんばっている姿っていいですね。叔母さん家族は遠くから応援してますよ~。初の世界大会楽しんでね!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

おめでとう3位入賞

いやいや帰ってきました日本。とっても暑いです。猛暑なのですね。11年前の夏とは比べものにならにほど暑い!

そんな中、甥っ子の全国中学柔道大会が実家の島根県松江市で行われました。全国大会の個人選出場は今年が初めてとか。2年半ぶりに会う彼は大きくなってとても堂々として目標に向かっているキラキラしたものがありました。結果は準決勝で破れ3位。彼の試合を観るのは初めてで私や旦那AJはハラハラしていたけれど、弟は冷静にビデオ撮ったり、もしかして慣れ?でも義妹はやはり母親、試合のあと彼女が試合に出たのかというほど疲労が顔に出ていた。こんな調子で月1-2回は試合に付き合うから心臓や胃が痛くってと言っていました。柔道に力を入れている私立中学なので試合の他にも遠征やら何かと保護者として大変と。親や周りの協力がないとここまでこれないのだ、と思った。弟夫婦は日程中はホテル滞在。試合が終わるととんぼ返りと食事を一緒にする暇もなく、ちょっぴり寂しかったけど、仕事を持つ二人、仕方がありません。ご苦労様です。

しかし、どの階級も中学生とは思えない風格があって驚き。体のサイズも大きいし、AJは高校生の試合かと思った、と思うほど。きっとこ中に将来の日本柔道会を受け継いでいく子がいるのね、と楽しみになった。ルールなどを弟に教えてもらったので観戦の仕方がわかった。次のオリンピックを楽しみにしよう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ