ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

誕生会

缶詰

いつもながら、締め切りの前はいつもこれだ。オンラインだからと、仕事をフルタイム並みに入れたのが大きな間違い。特にこの2週間超忙しく、仕事でどっぶりと疲れ2時間集中できれば良いと思う程度しか勉強がはかどらない。その上先週末はカンファレンスで6日働いて一日休みなんて日本で働いていたときのようなハードスケジュール。疲れが蓄積して泣きそうでした。それでも週始めの一部目の締め切りに間に合い、ほっとする間もなく2部目をがんばっています(月曜日の夕方が締め切り)。集中力が途切れたので、気分転換に久しぶりにブログをと、書いています。

この2週間どんな仕事をしていたかと言うと、もちろん訪問看護をしていたが、その上コンサルテーションの休暇をカバーしてほしいと、頼まれ二つ返事で引き受けてしまったのが誤りだった。フルタイムの仕事。でも訪問のシフトが入っているので週に2-3日しかできないけれど良いかとマネージャーに聞いたら、それだけでも来てくれたら助かると言われた。しかし私が週に2-3日来るからと言って誰かが穴を埋めてくれるわけではない。だから5日分の仕事を2-3日で終えなければならないのだ。超過勤務は許されないので、時間きっちりに帰る私が毎日超勤。だってこなさないと患者さんがホスピスに行けなかったり、症状緩和ができなくてつらいなんてのをほっとけないからだ。そしていつもは緩和医師と仕事をほぼ二分するのに、緩和医師が急な理由で3週間休みを取ることになり私一人ですべてすることに、、、、。新患の紹介は一日2件以上はしない私が3件たまには4件も回って、こりゃ時間どおりに終わらないわけだ。その上今週はコンプレックスなケースが多くて、頭が爆発するかと思った。金曜日は新患が一人もなくフォローする患者もその日はなくて、今まで超勤した分を取り戻そうと、それはそれはゆっくりとした日をすごし足早に帰宅しました。夜はお友達の誕生日会で洒落たバーでひたすら食べて飲んで笑ってと楽しい夜をすごしました。今朝は寝ても寝たりないというほど、起きれなくてヨガをして目が覚めて現実帰り。朝からずっと机に向かっています。明日も一日缶詰でしょう。あー肩が痛い。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

子供の誕生会

ってお金がかかります。AJBrodyが絵里佳の年齢だったころはプレゼントの相場は10-15ドルだった。今は20-30ドルだって。2倍だ。10年で物価が上がったといっても2倍には膨らんでいない。

誕生会の場所も家でするより、遊技場がある会場やプール、ジムなどを借りて行う人が多い。10年前に比べたら断然多い。クラス全員を招待してとか、招待者の人数も10人から20人とまるで保育園状態だ。

前日招待された誕生会はお誕生日のアレキサの好きな犬にすべてが統一されていた。犬の風船、犬のテーブルクロス、犬の紙コップにお皿、犬のナプキン、犬のパーティーハットに犬の誕生ケーキ。お返しのグディーバッグも犬尽くしだった。このグディーバッグも昔は5ドルぐらいでガムやキャンディーすぐ壊れてしまいそうな小さなおもちゃが入っていたぐらいだ。誕生日プレゼントの相場が上がるとともにこちらの値段も上昇。先月した絵里佳の誕生日会のグディーバッグは一人7ドルぐらいで終わらせた。しかし、このグディーバッグ!20ドルぐらいあるのではないかと思うほど。


DSCN6450


中身は手作りの犬のかばんから始まり、

犬の縄跳び

犬のメモリーマッチングカードゲーム

骨の形をしたクレヨン

犬の鉛筆二本

キャンディー一個

犬の人形3つ

犬のバウンスボール

骨の形をしたクッキー

犬のメモ帳

シール

刺青シール

シャボン玉セット

犬のランチマット

そして小さいおもちゃが数点と。これを来てくれた14人の子供たちに渡す。14x20=280ドル!?

で会場のレンタルと子供を仕切ってくれるインストラクターがきっと250ドルくらいかな?!食べ物や飲み物代と、、、、合計630ドル?!お金をかけすぎじゃないの?と思ってしまった。

食べ物は昼を挟めばピザかホットドッグ。チップスやクリームたっぷりのケーキ、ジュースやポップと体に悪いものばかりで誕生会が続くとAJはよく体調を崩していた。今年の絵里佳の誕生会は昼から行いケーキとジュースだけと決めた。心が引けたが、子供たちは遊ぶのに夢中になるし、ベジディップなどヘルシーチョイスにすると誰も食べないし、”気にしない、気にしない”と。結局バウンシーキャッスル(という膨らませて作るインスタントの遊び場)で遊ぶのに夢中で文句がでることはなかった。

私は近所のおもちゃ屋さんによく行くのだが、誕生会にお金がかかって、、、と話したらお店のオーナーにそういって愚痴るお母さんたちって多いのよね。で、やめたらどうですか?っとアドバイスしても”でも子供が不憫な思いをするのはいやだから”って買っていくのよね~うちの商売には良いけど、誰かが止めなければこのままずっとエスカレートしていくわよ、って言われた。う~んなんだか見栄をはる結婚式の会話みたい、、、。

来年の絵里佳のパーティーはプレゼントなし、その代わりグディーバッグもなし。絵里佳の誕生日を祝いに遊びに来てくれるだけでうれしいです、って言うのにしようかな~と考えさせられた。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ