ホスピス、緩和ケア看護覚書*カナダ編

カナダでホスピス看護師をしています。2009年9月からバンクバーの某大学院 でMaster of Science in Nursing を始めました。End of Life CareのCNSになれるようにがんばります。半学生、半看護師の生活です。そして3児の母親でもあり、カナダ人の夫とは11年たっても熱愛中でごじゃいます。ブログに登場する人物名はすべて仮名です。

離婚

こそこそ続き

娘は隠し事が嫌いで何でもオープンで話したいという子だ。避妊薬のことも父親に話したいけど、どう思う?と相談されました。旦那がどう反応するかと思って最初は言わなくていいといっていましたが、結局話す羽目に。旦那は男同士でBrodyの面倒はみるからAJは私に任せると。旦那も私も避妊薬を私たちが出費しないことや外泊を禁止したことは子供にとって良いことなのか悩みました。周りの人にもアドバイスを求めました。

旦那が高校生の時、同級生の親が“悪いことをしてもらいたくないから”と通信販売カタログの下着と水着の部門をホッチキスで止めて見れないようにしていたそうだ。しかし彼は17歳の時彼女を妊娠させてしまい、責任をとり結婚、働くために中退、ということになったらしい。私も旦那も隠すことは防止につながらない、と性教育にはオープンな姿勢をとっていた。

宗教のため中絶を絶対勧めない人も多いので妊娠したら出産以外には選択がないという風潮が強い。そのためか宗教によっては処女が重要視され、結婚するまでは性交はもたない、と。そんな理由から早くに結婚するカップルも多い(娘の彼が宗教にこだわっている家庭で育ったらこういう問題は起こらないのに)。

旦那の友達は私たちに言った。避妊薬を購入することが親の義務かどうかはわからないけれど、彼女の弟は18歳で彼女を妊娠させ、今も代償を払っているから、そういう弟をみると避妊薬は買うべきって思うよね、と言った。カナダは子供が関連する離婚になると養育費の支払いがきちんと行わなければならない(裁判所に言われた額を支払っていなければ政府が直接給料から差し引くこともできる)。子供が大人になるまで責任から逃れることはできない。

人権、特に女性の権利も強い影響を与えている。コンドームは男側の防止策だ。もし男側が拒否すると女性側は望まない妊娠をしてしまい、被害者となる。女性が自主的に妊娠を防止できるという意味でも避妊薬は重要視されるのだ。

しかし、私はどうしても薬は病気の人が飲むもの、という考えが浮かんでしまう。アクティブに性生活を楽しんでいるのなら、わからない気もしないけれど、一週間に一度会うだけの生活なのに副作用の危険を選ぶなんて、、、私にはわからない。

お泊りのことも、相手の親が許しているなら、、、それにならって、とついつい許してしまう親が多いことも思った。よそはよそ。うちはうち、と言う考えが強いのでそれはなんとか押し切ったけれど。知り合いの中には15歳の息子にお酒を買う親がいる。15歳にしてアル中の症状を示している。親が買わなければ子供が自分で購入してトラブルになるからと。問題が起こる前にどうにかしたい、という考えの人もいるのだとも思った。しかし、これはどうも応急処置的にしか思えない。これが一番簡単な方法、みたいな。お金を上げる。買い与える。でも子供と向き合うというのが見当たらない。私としては子供たちと向き合って、健全な大人を育てること、それが大事なことだと思う。親が背を向けてどうするのだと。誰かが言った、いつか子供が感謝する日がくると。その日を信じて。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

お帰りお嬢様

AJが帰ってきました。実母と住むと決心して出て行ったのは1年半前のこと。あの時にはスーツケース一個と数箱で出て行ったのに、トラック2台分の荷物でのお帰りだった。物を買い与えることで愛を表現する(もしくは代償とする)実母だけあって、半端ではなかった。これでもたくさん捨てたのよ、とAJ。

このところ母娘の関係で悩んでいた(というより泣いていた)彼女。母親と娘の関係が逆転してもう我慢できない、という理由からだ。実母の離婚は初めてではない。しかしAJが大きくなったからか(その前の離婚でAJは11歳だった)、実母の母親としてのガードが下がって、まるでティーンに戻った実母。家には帰ってこないし(5日から一週間も帰ってこない)、冷蔵庫も空っぽ。歯磨き粉さえない家(AJが我が家へくるたびに必要物品を調達していた)。新しくできた彼の家に入りびたりで、売りに出している家の世話もAJにまかせっきり。たまに家へ帰ってくれば喧嘩ばかりで、彼女は泣いていた。それでも、母親を一人にはできない、とか悲しませたくない、と我慢をしていた彼女。旦那も私も何度も相談に乗っていた。

かわいそうだが、こういう実母の態度は初めてではない。恋愛関係が不安定で、新しい関係になると、なにもかも投げ出すタイプ。そういう両親に育てられて、同じことはしたくないと言いながら、まさにそれをしている実母。Brodyはとっくの昔にそれを見抜いて私たちと暮らしだした彼。最近成長したせいかはっきり自分の気持ちを言うようになった。”あの人はおかしいよ。はたで見ていてこっちが恥ずかしくなるよ”とまで言わせた。完全に母親と自分を断ち切った位置づけを示す彼。

AJとBrodyが小さいときから、一緒にいても片手に携帯を握って他の人と話しながら、愛してる、とうわべだけの言葉とキスを子供たちに与えることしかできなかった実母。いつかこんな日が来るとは思っていたけれど、、、母親の愛を探し続けた二人。我が家へ戻ってきてもAJはいまだに探し続けているようだ。旦那と付き合いだして、AJとBrodyを紹介された時なんてふびんな子供たちなんだ、というのが第一印象だった。母親を一人にしたと責任を感じている彼女の姿があの日に重なる。いったいどっちが大人なんだ。子供としてもっとすくすく育って欲しい、ティーンとして青春(もうこんな風には言わないかな?)を謳歌して欲しいと思う。

で、ほぼ一人暮らしの生活から”家族”と暮らすことには時間がかかるようで、、、、お互いに調整しながら暮らしていかなければならない、と思うが、今朝は大音響の音楽で家中が起こされた。当の本人は鼻歌交じりに朝シャワーのつもりだったらしいが、他の家族のスケジュールも考えて欲しい、、、。一人暮らしの影響は良い方にも、、、呼ばなくても夕食作りを手伝ってくれたり、暖かい食事をそれはそれは喜んで食べてくれたりと。来月で17歳になる彼女。3ヶ月間付き合っている彼もいる。我が家へ来る時はどうしたら良いのか、、、。話し合わなくては。新しい生活が始まった。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
前立腺がんの痛みと向き合う (患者目線の前立腺がん名医と手術)
病歴の大切さ
前立腺がん完治への道 (闘病記~前立腺がん名医探し~)
病歴の大切さ
前立腺がん闘病記の読み方 (前立腺がん名医探しの旅)
病歴の大切さ
行き場の無い患者さん (英国ホスピスコラム)
回転率
ナースに対する暴力 (オーストラリアで緩和ケアナース)
アサルト
お気に入りブログ
livedoor プロフィール
Powered by NINJA TOOLS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ